2006年02月13日

引退...

九州の重鎮で、今なおトップの座に君臨されているN原先生が、この三月をもって笛を置かれることになった...
福岡県で審判活動を始められ、A級、AA級、インターナショナルと最高峰まで上りつめられ、日本一と思われるその技量でアジアを代表する審判として数々の国際試合や難しいゲームを治めてこられた。
我々九州のみならず、多くの審判の指針であり誇りである方だ。

熊本の審判団も同じ九州人として目をかけていただき、国体やインターハイではそのご指導のお陰で満足のいくノミネート数に達することができたのではないだろうか!?
もちろん私もその中のひとりで、お人柄に触れさせていただく度に審判に対する情熱を新たにすることができた。

審判の世界には50歳でインターナショナルの定年、55歳で上級の定年といった暗黙の了解みたいなものがある。
常に範を示してこられた方でもあるし、それに倣ってのことなのだろうが実に惜しい...
あれほどのクオリティを保ちながら退かざるをえないというのは釈然としない...
ただ、あれほどの人物だからまた引き際も鮮やかなのだろう...

我が熊本が誇るU野さんも同い年なので同様に上級を退かれる。
こちらは私たちと同じ日本公認としてこれからも活動を共にしていっていただけるそうだ。
U野さんも絶大な影響力とイニシアチブを発揮され熊本県を牽引されてこられた方だ。
私のような者を長い目で育てていただき、感謝の気持ちは書き尽くせないくらいだ。
長くなるので、また別の機会を設けて記すこととしよう...

昨日の全九州高校バスケットボール春季選手権大会の女子決勝をこのお二方で吹いていただいた。
相変わらずN原ワールドはご健在で、見ていて熱いものがこみ上げてきた...

これからも大会や研修会の場に引っ張りダコとなられることは間違いないので、私も審判を続けていきさえすればお会いすることも度々だろう。
投げ出したくなるのを、あの笑顔に勇気づけられコートに立ち続けることができ、今に至っている...
これからも似たような体験ができる審判はたくさんいるハズだ...

一昨日の夜、ささやかだが懇親会の席上でセレモニーらしきものも企画してやらせていただいた。
多くの方からの賛辞の中では私の言葉など届いてもいなかっただろう...
この場であらためて声を大にして言いたい...

ありがとうございました。
本当にお疲れさまでした。
これからもヨロシクお願いします。
posted by いのもと◉かんや at 11:06| 熊本 | Comment(6) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

全九州高校春季選手権大会

割り当てをいただいたのは、女子のゲーム第三試合Dコートの佐賀清和高校(佐賀二位)vs長崎西高校(長崎一位)でした。

宮崎県のU間さんとのペアで臨み、TOは東海大二高校の生徒さんが務めてくれました。
主審を任されたのですが、九州大会で主審をやったのは初めてじゃないでしょうか!?
審判としてのチカラは別としていい歳になったのかもしれません(笑)
事実、今回県外から参加された審判のお名前も半数近くわかりませんでした。
世代交代は確実に進んでいるようです...

ゲームのほうはというと…
佐賀の名門清和と躍進著しい長崎西...
予想では拮抗した試合になるかと思っていましたが、第一ピリオドでいきなり差が開いてしまいました。
オーソドックスなスタイルのバスケットをみせる佐賀清和
個々の選手の能力の高さを生かし速い展開で攻め入る長崎西
点差はともかくたいへん興味深い内容でした。

相方のU間さんとゲーム前のミーティングで話した通り、最初に基準となる判定を示すことができたと思います。
その基準に則って終始吹き通すこともできました。
私自身の反省点ですが、もう少し相手審判とのエリアの重なる部分を厚めに捉えていけたら、ベンチやプレイヤーからの信頼をより得ることができたのかもしれません...
言うほど簡単なことじゃないってのはじゅうぶん承知していますが…

若輩の頃は正しい判定にこだわり、今になればその向こうにあるゲームコントロールを重視し、新たに主審としての決断力と責任、そして相方の能力を最大限引き出せる雰囲気の作り方という難しい課題が見えてきます。
残された時間はそう長くないのに、そういった深みのある笛を吹けるようになるのでしょうか!?
“道半ばにして、なお険し”といった感じです...

私たちのスグ後の試合に、昨年末のウィンターカップで日本一に輝かれた延岡学園高校の女子の試合がありました。
監督のH郷先生にお祝いの言葉とともに、冗談で「もういつ引退なされてもいいですね」と言ったら「いやいや...まだ学成り難しだよ」とおっしゃられました。
その情熱にも恐れ入りますが、いみじくも同様のことに触れられ、どの立場も精進あるのみと諭してくださいました。

ゲーム後の反省の場では審判主任のF島からも納得のいく評価をもらえました。
手前ミソですが、自分でも得心のいくジャッジメントができたと思っております(^^ゞ
こんな時、日々自分に課したトレーニングが報われるのを実感できます。

U間さんは元気のある笛を鳴らされていましたし、いっしょに吹いてたいへんやりやすかったです。
次からの課題としては、その勢いを損ねることなく安定感と正確な処置を積み上げていかれたら頼もしい審判へと成長されることでしょう。


今夜は鳥亭で懇親会が催されます。
じつに四週間ぶりくらいのお酒です...
羽目をハズしすぎることがないように楽しんできます(^o^;
posted by いのもと◉かんや at 15:22| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

O方先生

image/can8-2006-01-14T17:15:42-1.jpg今日と明日とで、熊本県県下高校新人大会の決勝リーグが玉名市の桃田運動公園で開催される。
今日のゲームには割り当てがなかったので寛いで見させてもらった。

女子の試合後、恩師のO方先生(イニシャルトークの意味がない!?)に挨拶に行き、そこでお誘いを受けたのでお供した。
連れていっていただいたのは玉名江戸長というお寿司屋。
ダイエットの準備期間としてかなりカロリーを抑えた食生活にしているのだが、先生の手前遠慮すれば失礼にあたるので普通に注文していただいた。
まだ日が高かったし、行きたいところもあったのでアルコールは我慢した。

先生のチームのことやバスケットの方向性などいろんなおハナシを聞かせていただいた。
緊張もしたが、たいへん楽しい時間だった。

ごちそうさまでした。
明日の試合も頑張ってください。

アタシゃ総カロリー量を考えて、今日の夕メシは抜き...だな......
posted by いのもと◉かんや at 17:15| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

OB会

今日も昨日の続きで審判に行ってきた。
午前、午後とみっちり走り込んできた。

昼食は中華のたいへん美味しい『利香亭』にスタッフみんなでと誘われたのだが、短期集中ダイエットに突入中なので丁重におことわりして、野菜ジュースとプロテインのみ!

恩師の先生がみえられたので、全国大会準優勝のお祝いと世間話を少々…。
先生からお聞きしたのだが、高校の時のOB会が今日あるとのこと...
「今夜は来っとだろたい?」と当然のように言われたが、案内が来ていない......

以前あるチームに関わっていた時は毎日(盆も正月もなし!!)練習だったので、OB会なんぞ行く時間なんてなかった。
だからずぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっと欠席していたし、ここ数年は若い卒業生ばかりのモノになっていたみたいで、我々の年代は行かなくなっていたんじゃなかろぉか!?
そういったこともあって、諸先輩や後輩たちとも疎遠になっていたのでしゃあないといえばしゃあない。



まぁ案内が来ていたとしても行かなかったけどね...
posted by いのもと◉かんや at 20:42| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

O(オー)

以前アシスタント・コーチみたいなことをやらせてもらっていたチームのコーチから、クルマの買い換えで相談があるのでと昨日久々に学校に行ってきた。
このコーチは私にあるべき姿を教えてくれた方で、今でも人生の指針である。
詳しく記したいのだが、ネタ切れした時用に取っておこう。
以前に書いた高校時代の恩師の先生も、そしてこのコーチはも頭文字は‘O(オー)’である。

この土日で国体メンバーの最終セレクションをやっていたみたいで、高校女子のベスト4のスタッフとU高校のコーチで卒業生の“嵐(ラン)”が来ていた。
当然そこには恩師のO先生とコーチのOさんがいる。
ダブル・オーのそろい踏みである。


楽しかった。
そこにいるだけで楽しかった。
またバスケットに触れて生きていきたいと切実に思わせるほど楽しかった。
posted by いのもと◉かんや at 19:42| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

恩師

試合が終わって、トレーニングをやろうかどうかと迷ってるところに恩師の先生がいらっしゃった。
国体のメンバーを決める会議を終えられ、これから帰途につかれるという時だった。
「お茶でも…」とお誘いを受けたので、ご一緒させていただいた。

先生とは高校時代の部活の先生で、当時はそりゃいっぱい怒られた。
その後幾つかの高校に赴任なされ、現在は女子優勝校の慶誠高校の監督をしておられる。

普段だらしない自分だが、この先生といる時には背筋を伸ばさずにはいられない。
短い時間だったがいろいろなコトをお話しさせていただき、私の愚痴も聞いていただいた。

高校生の時には、練習の終わりに集合して大声で「ありがとうございましたッ」と言えたのに、お礼を口にしてはみたが今ひとつしっくりこない。
改めて声を大にして伝えたい。

先生、ありがとうございました。
これからも先生らしくおありください。
posted by いのもと◉かんや at 20:05| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする