2015年10月11日

わからないヤツにはわからない

教えてくれ!と言うから教える。
こうしたらどうか!?と言うと、そこは譲れない!!と言ってくる(笑)
だからその域から抜けれないのよ。

ま...わからないヤツにはわからないな...
posted by いのもと◉かんや at 18:43| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

オリンピック

やったー!
posted by いのもと◉かんや at 21:52| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

バレーよりもバスケット

バレーもだけど・・・。
ホントはリアルタイムでやってるASIA女子バスケットボール選手権大会を見たい!
でも、どこでも映ってない。
映ってるとこ、ある?
あるなら教えて!

バレー応援しながら、FIBAのプレイバイプレイを見てる。
前半を終わって37−31...
このままヤッつけちまえ、中国を!
posted by いのもと◉かんや at 21:15| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

PARADIGM SHIFT

やるしかないでしょう?
posted by いのもと◉かんや at 23:51| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

T濱と#25

練習終わりにばってんの湯に寄った。
見たような顔の好青年がふたり、アタシの前に入って行った。
向こうがスルーするなら、こちらから呼び止めたりはしない。
コートの中ならいざ知らず、プライベートな時間に踏むこむのも踏むこまれるの嫌いなのだ、実は(笑)

ロッカーで着替えてると、向こうから挨拶してくれた。
ひとりはプロバスケットの選手で、もうひとりクラブチームで頑張ってる子だ。
遅れて入っていくと、湯浴みするところでまた出くわした。
プロ選手はスグわかったけど、もうひとりはどこだったっけ?
所属のチーム名を訊いたら、彼のナンバーがスグ浮かんだ。
聞けば大学の先輩後輩なんだそうだ。

#25の彼は引き締まったカラダをしていて、一方のプロ選手のほうは尋常じゃない筋肉を身に纏っていた。
プロ選手が中学の時から見てるんで、当時の身体つきから考えるに、ここまでバルクアップするのには並々ならぬ努力が必要だったはずだ。
さすがはプロ!
恐れ入る。

先にあがって涼んでいたアタシに、しっかり挨拶して帰っていったふたり。
コートを離れた部分でもちゃんとしてるんだな...
熊本県人として、来季はもっと応援に行かねば!


関係ないが、パンツをはく時、片足立ちになったら右脚の付け根にバキッ!!と変な痛みが走った(笑)
これからは床に座ってからはくことにする。
posted by いのもと◉かんや at 00:31| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

最悪な気分

観に行った映画は思いがけずよかった。
いい気分で劇場を出て、携帯電話の電源を入れたら予期せぬ方からの着信があってた。

バスケットの審判とかやってると、けっこう顔が売れるもんだ。
今朝もコンビニで声をかけられて、聞けばお子さんが中学校で頑張ってるというお母様だった。
如才なく受け応えして別れた。
そんな感じでの遭遇が何度か続くと、聞きたくもないハナシを聞かされたりもする。

高校生も中学生も引退が秒読みとなってきたこの季節。
納得して引退したい。
親も子もそう願っている(らしい)
多少は台所事情を知っているから、そのチームのことに触れると言下に否定される。
チームはいいの!
あの子さえ納得できるものが残せたら・・・。

聞いてて辟易してくる(笑)
だったら個人競技をやればいいのに...
勝つことの意味も喜びも知っているはずなのだ。
ならばチームはボロ負けして、自分だけ満足のいく内容なんて絶対あり得ないってわかってるだろう。
いや、子供はわかってる、たぶん...
バスケットが団体競技で、高めあうことや分かちあうことややり遂げることの大切さがわからなくなってるんだな...
思い入れが強いからそうなるんだろう、きっと...
少しくらいはわかるのよ、アタシでも...
ほんの少しだけど...

その程度のアタシに朗々と吐露されて、さらには共感まで求めるのには無理がありすぎだ(笑)
だったら大会を待たずして引退すればいい。
危うくそう言いかけて、そこはさすがに引っ込める。
なんとか我慢して合わせてたけど、そもそものズレを認めないんで、ハナシの途中で腰を折って電話を切っちまった(笑)

チームがダメだの、指導者がダメだの叩いても、そこを選んだのはアナタでしょ?
チームがダメだの、指導者がダメだの叩いても、そのチームでしか試合には出られないのはわかってる?
やりようというか、気持ちの持っていきようはもっとあったんじゃないの?
そしたらまた違った着地点が見えたんじゃないの?


いい気分だっただけに、ゲンナリ感もハンパない。
ああは言ったものの、さて、我が身である。
選手は責められない。
親御さんも情あってのことだ。
ならば誰が悪い?
やっぱり指導者が悪い!
いろんな思いを昇華させてあげられたなら、終わり方など考えたりしないものだ。
もっとここでやりたい、一日でも長く現役でいたいと思うんだ、絶対!


ふぅ...
なんか疲れた。
あと一本、ビール飲んでから寝ようマグカップ
posted by いのもと◉かんや at 00:31| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

更新

image.jpgついでってわけじゃないけど、審判の更新もしてきました。
posted by いのもと◉かんや at 11:51| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

アンソニー・メイソン

image.jpg

アンソニー・メイソン死んだ
アタシがイチバン好きなプレイヤーだった...

NBAが認知度を上げていったのはマイケル・ジョーダンがいたからだ。
彼の活躍は全てのスポーツを通じても抜きん出ていた。
ミーハーなアタシはそれよりかちょっと前に彼の国の競技に触れていた。
それでも知っていたのはメジャーなマジック・ジョンソンラリー・バードアイザイア・トーマスくらいだった。

日本でもテレビに流れ始めると、目を惹く選手がたくさんいた。
素晴らしい選手ばかりなのだが、アタシが惹かれるのはどっか偏ったプレイヤーだった。
みんなの知るところだと、デニス・ロッドマン
強烈な個性を放つリバウンド職人だった。
あとティム・ハーダウェイ
切り裂くスピードだけなら、間違いなくナンバーワンは彼だったろう。
アンソニー・メイソンと同じチームのジョン・スタークス
火の玉小僧って感じの熱いヤツ(笑)

アンソニー・メイソンはタフなプレイヤーだった。
屈強なカラダに物をいわせるディフェンスはまさしく壁で、それでいてボール・ハンドリングはいいからバックコートからドリブルでボールを運んできたりする。
苦労人の生き様をそのままコートで体現しているようで、ブルーカラー的仕事を淡々とこなしていく。
派手な能力がなくともやっていけるというお手本みたいな選手だった。

彼の訃報に触れ、ニューヨーク・ニックス勝利を捧げたそうだ。
ニックスはアタシの贔屓の球団で、今でもこっそり応援している。
あまりに弱いんで、ホントこっそりとだが(笑)
そこには前述のティム・ハーダウェイの息子がいる。
いつもそれくらいやってくれよね、オイ!



御冥福をお祈りします...
posted by いのもと◉かんや at 16:21| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

A級

image.jpg

おめでとー!
posted by いのもと◉かんや at 20:40| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

戒め

ホントのとこはどうなの?

それは言っちゃいけないよ!

ねェ...アタシ(笑)
posted by いのもと◉かんや at 20:42| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスケットボール

今日から見たもの、触れたもの、立ち会ったものを、その時々の心情と共に残していこうと思う。

ただ...完全非公開でだ(笑)
posted by いのもと◉かんや at 20:33| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

行き倒れ

大津からの帰り道。
なかなかないサイズは、アタシの理解度を試すように立ちはだかってきた。
見えなくなったと思った背中は、そりゃ見えないはずで、実はアタシのずっと後ろにいた(笑)
そのなかなかないサイズの振る舞いを、見事に御してみせてくれたのは勉強になった。
考えさせられる一日だった。
疲れた。
ビールでも買おうか...と寄ったスーパーで、意識を失っていた(笑)
三時間も...
今、寒さで目が覚めた。
春はもうスグそこだ。
posted by いのもと◉かんや at 19:20| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

向上?

この方...

無理かも?
posted by いのもと◉かんや at 08:54| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

まえがき

頭痛が酷い。
仕事は早く終わったんで、昨日お邪魔したところにまた押しかけようとも考えたけど、こんな状態じゃお役に立てない。
ただの頭痛というより風邪のぶり返しに思える。
薬買って、早々に寝るか...と近所のディスカウント型薬局に入った。
そこで悲痛な叫びに触れた。

審判が上手くなりたいんです!

すいません、今、最高潮に具合が悪いんで感染るといけません...と辞去しようとするのを引き止められての訴えだった。
上達に近道はないと知りながら、あまりの迫力に違ったアプローチをちょっと話した。
いきなりの改善は無理だろうが、続けていけば見る目は養える。
それと合わせて、今みたいな精力的な活動を怠らなければ上手くならないはずがない。

そこで話しそびれたんで、ここに書く。
届くだろうか(笑)
ルールブックを毎日読んでほしい。
なせぬなら、せめて《まえがき》だけでも目を通してくれ。
あれに全てが詰まってる。
よろしく頼む。
posted by いのもと◉かんや at 21:06| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日




This is the Basketballバスケットボール




posted by いのもと◉かんや at 18:49| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実業団の大会

image.jpg
阿蘇だぁぁ...

遠っ!!
posted by いのもと◉かんや at 09:55| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

重さ

posted by いのもと◉かんや at 22:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

富岡にて

image.jpg

ううぅ...

お家に帰りたい(笑)


posted by いのもと◉かんや at 17:54| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

非掲示板

掲示板等に書き込んで、掲載とならなかった方...
どうぞこちらへメールをください。
加筆修正など一切せずに掲載いたします。

このアドレスはもうスグ使えなくなりますが、来月いっぱいくらいはだいじょぶです。

i_can_108@mail.goo.ne.jp

いろんな想いがあって当然です。
ネガティブな発言に蓋をすることがよし!!とは考えていません。
見たものは見たままに、非は非として表すことは悪いことではありません。
襟を正すべきこと、自省や自戒、よりよきものへの導きかもしれません。
要は受け取る側のセンスです(笑)

どうぞ、こちらに...
posted by いのもと◉かんや at 20:06| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

非公開

時たまアクセス数を見たりする。
捗らない更新じゃ数字が上がることもないと思っているが、これがそこそこあったりする。
その中にバスケットボールのカテゴリーを見ていく方がある。
クリックした方はわかるだろうが、記事は全部消してある。
今、これだけが唯一のものだ。

あれはあれで求める人が多かったように感じていた。
なかなか知りえないことだし、そっち側から切り取る!?とまで思わせる一面を書いてきたつもりだ。
消したとは書いたが残してはあるし、今でも書いている。
完全非公開で、アタシの覚え書きや戒めとしてだ。
内容は非公開な分、はるかに辛辣ではあるが(笑)

実はたった今、今日感じたことを書いて揚げた。
そして、やっぱり...と思ってスグ消した。
その間わずか十数秒...
見ることができた人は、変な運だけはいいのかもしれない(笑)

アタシが書き残していることを知りたい人は、たぶんだいぶいる(と思う)
知りたい人は訊いてくれ。
あなたとアタシの温度差をじゅうぶん考慮して話すから(笑)
posted by いのもと◉かんや at 00:46| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ガッカリ

コメント返しもしとかなきゃならんけど、ちょっとカチンときたんで...

今日はウィンターカップ県予選の最終日。
相変わらずのアタシはJRで向かってる。
自分の意思通りになる乗り物に寄り掛かかってばかりいると、見えるものも見えなくなってくる。
だから歩いたり、公共の交通機関をたまに利用して、感覚をリセットするようにしている。
単なる乗り物好きなのかもしれないが(笑)

9時11分発、肥後大津行き。
発車の二分前に乗り込んで、最後尾に立つ。
二両編成の車内はかなりのとこまで見通せる。
試合を見に行くのだろう、バスケット部らしい高校生の姿もたくさんある。
内の数人はアタシに気づき、あの人審判じゃ!?みたいなヒソヒソ話をしてるようだ(笑)
そりゃそうで、あんな威張り散らしてる野郎がなんでまたこんなとこに?という感じなのだろう。

最近はどこも揃いのジャージに身を包んでいて、顔は知らずともどこのチームかスグわかる。
車内は空いていて、その子たちも長イスに腰掛けていた。
発車時刻に差しかかると人も増え、中に四、五人の老人の一行があった。
皆さん健脚を競うかのような出で立ちで、プチ登山でもなさるような感じだった。
それでも老人は老人である。
居合わせた高校生はどうするか?
意地悪なアタシだ(笑)

その高校生たちは席を立った。
でも、声をかけるまでの勇気はない。
どうしようか…と思ってる。
アタシが促そうかとも思った。
そうしているとひとつの高校のおそらく先輩だろう女の子が乗ってきて、立ち上がって席を譲ろうかしていた子たちを座らせ、自分もいっしょに座りやがった。
周りに気を配ろうともしない。
ちょっと見渡せば感じるだろうに...
たまたまそこにいたのはふたつの高校の生徒で、上手に勧めることはできずとも譲ったのは八代高校の子だった。
もうひとつの高校生は、その後素振りも見せずに目的地まで座ったまま大声でくっちゃべってた。
なんか残念なものを見てしまった。
チームが強くあればそれでいいのか?
もっとちゃんとしなければならないところがあるだろ!?
だから勝てないんだ!

朝からガッカリである…
posted by いのもと◉かんや at 12:10| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

旧姓:B場

田崎の大通りを愛機で走ってると、道路の向こう側で手を振る女性がいる。
ベビーカーを押していた。
誰だかわからなかったが手を振り返した(笑)
走り去ろうかとしたところで、その女性が誰だかわかった。
B場だ、あれは・・・。

くまもと未来国体で三位入賞を果たした時、スタメンは熊本国府高校四人に彼女だった。
ワン・オン・ワンからの左へのドライブは凄まじく、わかっていても止められるもんじゃなかった。
卒業後は鶴屋百貨店に勤めながら、その主力としてじゅうぶんな働きをしてくれた。
結婚すると聞き、その相手がKヒロだと知らされた時には笑うしかなかった(^^ゞ

引き返そうかしていると、ちょうど信号が変わってこっちに走ってきてくれた。
赤ん坊の顔はKヒロそっくりである。
ママさんバスケットのことや、鶴屋百貨店のチームメイトのこと、Kヒロが赴任している高校のことなど話した。
短い時間だった。
じゃあどっかの体育館で・・・。
そう言って別れた。
彼女は幸せそうだった...
posted by いのもと◉かんや at 21:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

熱病

深山に降る雨は跳ねることをしらない...
水滴は濃い緑に音と共に吸い込まれていく...
街で暮らす者は、コンクリートやアスファルトをたたく音で雨を知る...
ここではきっと別のなにかで感じるのだろう...

県道339号 北外輪山大津線、通称ミルクロードを闇にまぎれて上っていく。
走り終えた後、急かされるようにシャワーを浴びて火照った身体は、上半身裸で窓は全開のまま…
途中から、窓を締めずにはいられない。
寒さもさることながら、立ち込める霧で闇との同化が始まってしまう。
心許ない携帯電話の電波だが、なんとかアタシを導いてくれた。
着いたところは、バスケット馬鹿たちのバーベキューの宴だった(笑)

案内があったのは21時にさしかかろうかという頃...
快諾したのは、こちらも願っていた再会だから…
Y口さんにM原さん...
お二方とも今では珍種の部類に入るコーチで、その情熱が冷めることはない。
その熱が懐かしい。
その熱が恋しい。
その熱に焼かれたい。
憂えるアタシはずっとそう思ってた。
それが向こうから誘ってくださったのだ。
行かないわけがない
着くなりビールを開けて、自前の熱風全開であるパンチ
お二方はそう違わない温度だからいいけれど、たまたま居合わせた方々にはいい迷惑だったな...
節操のない批評を並べたて、物議を醸しかねない私見をまくしたてる。
新しい志は脅すし、ワカゾーは叱り飛ばす。
いけ好かないヤツらを、斬って斬っての繰り返し。
ボルテージも落ち着いて、床に就いたのは27時を回ってからだった...((((((^_^;)

明けて今日、錦ケ丘中学校小国中学校の練習会に立ち合わせてもらった。
こんなヒリヒリとした空間に十年身をおいて、疲れて、そしてなお恋焦がれる自分だ。
黙って座っておけばいいものを、口を挟まずにいられない。
教え与えているんじゃない。
アタシを受け入れてくれるものがそこにあり、吐き出すことによって結果アタシが救われている。
子供たちといっしょにいたのは、時間にしてわずか十時間ほど...
実際には午後からの四、五時間くらいの間に明らかに成長を見せる。
あの世代の吸収力と創造力には驚かされる。
それはもう刮目を禁じえない。
来るべき日には、双方ともにきっと納得のいく成果を出すことだろう。

たくさんの発見と確認もあった。
審判の息吹は手応えとしてあった。
奥様は相変わらず若作り若かった。
息子たちはいい方向に育っていた。
天才の片鱗と、シューターのサナギも見て取れた。
ワカゾーどもは、話せばみんないい子だった。
旧知の女性選手は苗字が変わっていた。
思いつめた子供がジャッジについて訊きにきた時、解き放つようハナシをしたら堪えていた涙があふれ落ちた。
もちろんお二方の狂気は健在だった...

瑣末なアタシのチカラでもお役に立てるようであれば、ご案内には喜んで対応したい!
シューターのサナギの超キレイなお母さんに逢いにわーい(嬉しい顔)
この身に巣食う熱病は、熱病を以って制するしかない...
posted by いのもと◉かんや at 22:51| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

吉日

思い勃った立ったが吉日...

ちょっと小国まで逝って行ってきますダッシュ(走り出すさま)

posted by いのもと◉かんや at 20:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

若ッ

今日は埋設物の確認を言付かった。
それには熊本市役所に届けを出さなきゃならないのもあった。
動線を考えると、最後にしたほうがロスがない。
ならばやっぱり最初は九州電力西営業所からと、勝手知ったる勢いで一直線に階段を目指した。
ロビーを足早に抜けていると、デスクの最前列の若い女性と目があう。

exclamation&question
どこかで見たような…。
相手もそんな顔をしとられる...
でも迂闊に声はかけられない。
間違ってたらたいへんだし、粗相でもしでかしたら後々困る。
アタシがやらかした過去の悪行の被害者だったら、困るどころの騒ぎじゃすまない(^^;
今日は仕事の名代で来てるんだから…
目をあわせたまま歩みを止めないでいると、席を立って近づいてこられた。
ヤバいぞがく〜(落胆した顔)
まだ誰だか思い出せてないのに…

足を止めたアタシに「Y口の家内です」とおっしゃっられた。
CPUをフル稼働させて記憶を辿る...
こんな年齢の女性と結婚してるY口Y口Y口Y口Y口…
誰?
いないやん、そんなの!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ったら閃いた!
だいたい知り合いにY口なんて四人しかいない。
ふたりは女性で、あとの男性はアタシよりちょっと年上...
錦ケ丘中学校のY口コーチの奥様だ。
一度は自宅にお招きいただいておよばれまでしてるのに、失念するとはなんとも失礼極まりないヤツだぞ、アタシって(^^ゞ
そんな想いもあったから深々とおじぎをし、所用に向かった。
その間いろんなことがアタマを駆け巡った。
Y口さんてアタシよりだいぶ上だぞ。
なのにあの若さの奥さんとなると、ひょっとして二回目なのかな?
いや、実はそうじゃなくて、渾身の若作りなんだろうか(笑)

そういえば先日行われた審判の伝達講習会に若い女性がふたり来たと書いたうちのひとりはこちらのお嬢さんなんだそうだ。
その時は、流行りのショートパンツにニーハイソックスじゃなかったろうか?
審判だからって保守的ないでたちでなくちゃならないなんて思ったことはない。
でもちょっと驚いたグッド(上向き矢印)
あまりにも不似合いな格好に嬉しくもあったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
だから「誰だあいつは?」と訊いてまた驚いてしまった。
審判をやらせるからヨロシク!みたいなことはY口さんから聞かされていたけど、こんな子だったとは…
それがさらに思い悩ませる。
あの歳の子がいるってのはムリがある。
これは絶対後入りだな...と思えてきた。

要件を済ませて降りていくと、また立ち上がって寄ってこられた。
失礼を詫び、近況を訊ね、それから「お若いですね!?」と正直に伝えた。
失礼ついでに歳まで訊いてしまった。
なんとアタシよりふたつ下なんだと…
えーッあせあせ(飛び散る汗)
てっきり二十代だと(笑)

まぁ冗談はそれくらいにして、お嬢さんには常にあのようなスタイルで来るように伝えてくださいと言っておいた。
少しくらい華やかじゃなきゃやってられないって!
失礼の三段重ねで、Y口さんやお嬢さんの年齢まで訊いてしまった。
うむ...なんとか...計算が合う...
ギリだけど…

しっかしマジで若く見えたね〜揺れるハート
なんも出ないことはわかってるけど、もう一回言っとくか(笑)
posted by いのもと◉かんや at 21:38| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

審判員伝達講習会

南九州大会県予選高校の部を終えた後、審判員伝達講習会を行うのが恒例となっている。
昨日がそれだった。
今年度はバックコート・ヴァイオレーション(通称バックパス)の例外規定や、アンスポーツマンライクフォウルの適用などいくつか大きな改正点があるので、例年よりも選手の参加が多かった。
詳しいことは…、えっと詳しいことは詳しい人に訊いてくれ(笑)
いやいや...アタシだって詳しいけど、それを文字で説明するってのが難しいからあえて割愛するのよ!
あえて...よ、あ・え・てexclamation

審判長から読み上げられた注意事項の中で特に留意したいことがあった。
 ・ ゲーム開始の一時間前には来ていること。
うん、大事だよね!
現実には仕事の都合等で難しいケースは出てくるだろうけど、基本理念としてこういったことを明文化してあるってのは大切だと思う。
 ・ 試合前日の飲酒は午後10時まで!
( ̄▼ ̄|||)
これは注意しとかねば…

この講習会に新しく志したいという若い女性がふたり現れた。
H口を筆頭に女性審判員の充実は目を見張るものがあるな...
男性陣が寂しいということじゃないが、若手の発掘が急務なのには違いない。
来たれ、若手!
いや...この際年齢不問(笑)
posted by いのもと◉かんや at 12:10| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

マル

熊本県総合選手権大会に行ってきた。
この大会は一般、大学はオープン参加、高校は先の熊本県高校総体のベスト8以上に出場資格が与えられる。
各カテゴリーのカベをとっぱらい、文字どおり熊本県の真のチャンピオンを決めるというものだ。

今日のアタシは腰の容体からリタイアを余儀なくされていたので、コメンテーターとして試合を見ていた。
入り口付近でそうしていると、背中にアイサツを受けた。
振り向くと美しい女性が微笑んでいる。

私を憶えていますか?

でた!
アタシのイチバン苦手な問答だ...
憶えているわけないじゃない(笑)

含み笑いでこっちを見てる...
誰だ!?
卒業生か!?
他の高校のかも!?
いやいや、待てよ...
若く見えるけど、どっかの保護者だったりして…
スネにキズあるアタシとしては、ここでは書けないあんな事やこんな事した相手が走馬灯のように脳裏をよぎる(^^ゞ

考えるのはさっさと諦めてたけど、それじゃあ相手に悪いから一生懸命思い出そうとする素振りを見せながら、すまなそうに「誰でしたっけ?」と訊ねてみた。

えーッ!?
憶えてないんですか?
私はスグにわかったのに…


ああ...メンドくさい(笑)
このへんのお決まりのやり取りってなんとかならんのか!?
そんなことを考えてるから、思い出す作業なんてとうにほっぽり出している。
それでもポーズは崩さず苦悶の表情は残したまま…
だってそのヒトがキレイだったから揺れるハート
いいたいいいたい、それくらい( ̄ー ̄)

いっしょの高校だったのに…
帰る方角もいっしょだったのに…


アタシが思い出さないのを本気で悲しんで、ヒントを与えてくる。
それって本気?
誰がモンキーやねん!!
同級生にいたっけ?
そんなヤツいなかったゾ...
誰.............................................だひらめき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・思い出したひらめきひらめきひらめき
アタシのひとつ下の後輩だひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき
よかった、変なこと言わないで(^^;

結婚して、子供が慶誠高校のマネージャーをやってるという。
そうか、そんな年頃の子供がいてもおかしくないな...
いや、しかし…
ここまでキレイになっていたとは( ̄□ ̄;)!!
それにこんなハキハキ話せるようになるとは…

高校生の頃、ハッキリとした顔立ちだったけど、そりゃムッチムチで鈍臭くて練習の邪魔でしかなかった。
人数も少なかったから男女いっしょに練習をしていて、彼女のせいでダッシュが増えたなんてしょっちゅうだった。
言っとくけど、先輩が後輩の女子を思いやるなんてテレビの中だけだからな!
ホントにギリギリのところまで追い込まれたら、足手まといに優しくなんてできっこないのよ!
今思えばキビしい先輩だったなぁぁ、アタシ...
きっとヤな先輩だったんだろうなぁぁ...

アタシらの代が引退すると、彼女が女子部のキャプテンになった。
その代はプレイヤーふたり、マネージャーひとりだったから人選に余地はなかった。
でも、彼女の頑張りは周りを納得させるものにまで成長していた。

春を迎え、アタシは四国に渡り、六月の彼女たちの引退試合を見ることはなかった。
冬になろうかという季節に帰ってきて、その戦いぶりをある先輩に聞いた。
彼女はヒザを壊していた...
アタシらが現役の頃にはもうヤッていた。
庇いながらでも歯を食い縛って練習を続けていたスガタを忘れない。
医者からは「この試合に出たら一生歩けなくなる」とまで言われていたそうだ。
彼女はそのヒザでコートに立った。
相手は当時県下ナンバーワンの熊本女子高校(現慶誠高校)だったと思う。
試合の結果は憶えていない。
太刀打ちできるレベルじゃなかった...

アタシに話してくれた先輩は、試合後、泣きじゃくる彼女に慰めの声をかけたそうだ。

悔しい、情けない...

そう繰り返すばかりで取りつくしまもない。
敗れた者の気持ちはよくわかる。
アタシらだってそれを受け入れて次に向かったんだから…
その先輩もそうだっからよく理解していて、教え諭すように話されただろう。
彼女の答えはこうだった。
その悔しさはアタシらのそれとは別物だった...

負けたのが悔しいんじゃありません。
医者からは「試合に出たら脚がダメになる」と言われました。
私はそれでもよかったんです。
むしろそうなりたかったんです。
この脚が折れるまで、このヒザが壊れるまで全力を出し尽くしたかったんです。
それなのに…
試合に敗れた私は、こうして自分の脚で歩いています。
私はそんな自分が許せないんです。
そんな自分が悔しくて、情けないんです。


聞いた先輩は言葉を失ったそうだ...

彼女の旧姓は丸山、コートネームはマルといった。
あれほど頑張った選手を他には知らない。
posted by いのもと◉かんや at 00:02| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

審判員伝達講習会

2008年度ワッペン.jpg昨日、決勝リーグ終了後、審判員講習会が行われた。
本来なら県下の日本公認、県公認は絶対参加なのだが、各地で様々な大会も開催されていて一堂に会することは難しい。
それでも日本公認80猶予名のうち半数以上は参集していた。

T田審判長の挨拶で始まり、昨年度の経過報告、先月末に行われた全国審判長会議の報道と進められた。
今年はオリンピック・イヤーでもあり、主だったルールの変更点はない。
あるケースについてのみ確認をする程度だった。
このあるケースはいつかどこかで触れることもあるだろうから、割愛させていただく。

それから今年度より日本公認に昇格を果たした審判員の紹介となり、F島先生、Y田先生、M本、K下の4名とA級昇格のI元の簡単な挨拶があった。

散会後、今週末に熊本県で開催される南九州四県対抗大会に審判として指名された者への会場割りなどがあった。
自分は熊本第二高校会場入りとなっている。
社会人、高校生とゲームの数は初日26試合ある。
審判員はのべ52人必要なのだが、指名を受けている名簿をチラ見したら31人しかいない。
もう少し増えるかもしれないが、このままなら21人はダブルである。
年齢順に免除となるとアタシはそっちに入る(^^ゞ
でも、そんなことはないだろうあせあせ(飛び散る汗)
夕方走りに出るしかないな、こりゃ…。

画像は2008〜2009年度の公認ワッペン。
前年度までのはこちらで、イチバン変わったのは協会の呼び名とロゴ。
ちなみに更新手数料は8,000円。
これに恥じないジャッジメント、プライスレス(笑)
posted by いのもと◉かんや at 13:34| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

フィットネス

今日は審判部の講習会とルールテスト、フィットネステストがあった。
今年度から熊本県では日本公認審判、県公認審判は更新の必須要件として勘案することになったそうだ。
もしかしたら昨年もそうだったのかもしれない...
フィットネスを走った記憶がある。
ところが全員に徹底はできなかったのだろう。
そこで今年度は土曜日の午前に一回、午後に一回、明日日曜日の午前に一回の計三回設けてあるようだ。
このうちどれか一回受けなければならないことになっている。

ただそれが絶対ともいえない事情もある。
そのあたりは執行部の英断に委ねるとしよう...

講習会、テストと併せて若手の実技講習会も行われている。
講師として福岡県よりN原先生、高知県のT橋先生を招聘してゲーム形式を用いてのものだった。
それには東海大二高校の男女、熊本第二高校の男女、熊本北高校の男女、白川中学校の女子がモデルゲームとして協力してくれた。
変則ではあるが6分‐1分‐6分の試合を正式に吹いてご指導をいただくといったいつも通りのスタイルで進められていく。

重点目標としてN原先生から「ルールへの精通を自信に…」と、T橋先生から「アウトオブバウンズの判定を確実に」「ショットに対するイリーガルな触れ合い」が掲げられた。
県内の日本公認70猶予名、県公認40猶予名から12名だけに絞った実技講習である。
しっかりと心に留め置き臨んでもらいたい。

その間、受講生以外の我々参加者はルールテストが行われた。
全25問を○×で答えていく形式。
バイオレーションやファウルについての設問がほとんどで、100点満点中76点...
なんとも中途半端な(笑)

テスト後には先に開催されたアテネオリンピックから難しいケースをピックアップしたDVDを見ての勉強会だった。
予定の12時を少しわまってからフィットネステストとなった。
これは20mの直線をブザーに合わせてターンをしながら回数を重ねていくというもの。
年齢によって上限が設定してあり35歳までが97回、40歳までが86回、50歳まで76回、それ以上が66回、女性は30歳までが76回、それ以上が66回となっている。
走りだしのうちはブザーの鳴る間隔も広く、歩くのよりちょっと速いくらいで始まるのだが、規定に達する頃にはかなりのダッシュを強いられる。
ある程度のトレーニングをやっておけばじゅうぶんクリアできるラインだが、なかなかそうはいかない方たちもいる...
私だ..._| ̄|○

傷めていた左足の痛みは出なかったが70回でリタイア...
こちらもなんと中途半端な(笑)

いろんな思惑があってのテストなのだろうが、各々の意識高揚につなげるのが主眼である...と思われる...
ワッペンに恥じぬ活動を…と省みる自分であった...
posted by いのもと◉かんや at 13:20| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

引退...

九州の重鎮で、今なおトップの座に君臨されているN原先生が、この三月をもって笛を置かれることになった...
福岡県で審判活動を始められ、A級、AA級、インターナショナルと最高峰まで上りつめられ、日本一と思われるその技量でアジアを代表する審判として数々の国際試合や難しいゲームを治めてこられた。
我々九州のみならず、多くの審判の指針であり誇りである方だ。

熊本の審判団も同じ九州人として目をかけていただき、国体やインターハイではそのご指導のお陰で満足のいくノミネート数に達することができたのではないだろうか!?
もちろん私もその中のひとりで、お人柄に触れさせていただく度に審判に対する情熱を新たにすることができた。

審判の世界には50歳でインターナショナルの定年、55歳で上級の定年といった暗黙の了解みたいなものがある。
常に範を示してこられた方でもあるし、それに倣ってのことなのだろうが実に惜しい...
あれほどのクオリティを保ちながら退かざるをえないというのは釈然としない...
ただ、あれほどの人物だからまた引き際も鮮やかなのだろう...

我が熊本が誇るU野さんも同い年なので同様に上級を退かれる。
こちらは私たちと同じ日本公認としてこれからも活動を共にしていっていただけるそうだ。
U野さんも絶大な影響力とイニシアチブを発揮され熊本県を牽引されてこられた方だ。
私のような者を長い目で育てていただき、感謝の気持ちは書き尽くせないくらいだ。
長くなるので、また別の機会を設けて記すこととしよう...

昨日の全九州高校バスケットボール春季選手権大会の女子決勝をこのお二方で吹いていただいた。
相変わらずN原ワールドはご健在で、見ていて熱いものがこみ上げてきた...

これからも大会や研修会の場に引っ張りダコとなられることは間違いないので、私も審判を続けていきさえすればお会いすることも度々だろう。
投げ出したくなるのを、あの笑顔に勇気づけられコートに立ち続けることができ、今に至っている...
これからも似たような体験ができる審判はたくさんいるハズだ...

一昨日の夜、ささやかだが懇親会の席上でセレモニーらしきものも企画してやらせていただいた。
多くの方からの賛辞の中では私の言葉など届いてもいなかっただろう...
この場であらためて声を大にして言いたい...

ありがとうございました。
本当にお疲れさまでした。
これからもヨロシクお願いします。
posted by いのもと◉かんや at 11:06| 熊本 | Comment(6) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする