2007年12月31日

武士の一分

武士の一分.jpg9時からテレビ朝日系列で放映された武士の一分を観た...
目の痛みはまだ少しあるのに、なにやってんだか…。

しっかし、惜しいなぁぁぁぁ...
主演が木村拓哉じゃなかったらものスゴ〜くよかったのに、これ…。

木村拓哉が下手クソなんだもん(^^;
役の三村新之丞になりきれてない...
というか、なれない...
正しく言えば、木村拓哉は誰を演じても木村拓哉を捨てきれないんだな、きっと…。
もう可笑しくなってくるわーい(嬉しい顔)

昨年封切られた時、観に行こうかと思ったが、こんな想像が先に立ち躊躇ってしまい結局機を逃した。
正解だった(笑)

山田洋次監督による藤沢周平三部作のうち、たそがれ清兵衛隠し剣 鬼の爪はよかった。
原作もメガホンもよかったけれど、今思えばキャスティングもよかったんだなあ...
今作は笹野高史がいい味出してたのと、檀れいがキレイだったくらいか...

あ...サントリー金麦が飲みたくなってきた( ̄ー ̄)
posted by いのもと◉かんや at 00:03| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | シネマ&ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ〜

武士の一分は見てないけれど、
木村拓哉は何をやってもってぇのは
激しく同感です!!
ドラマでも本人にしか見えないですもん(^^;

あと、賞味期限・・・

お腹が軟弱で、すぐトイレと仲良しになれる
ワタクシからは想像もつきませんが・・・

お腹壊さないようにしてくださいね(笑)
Posted by イワチヨ at 2007年12月31日 10:44
>イワチヨさん
せめて現代劇ならまだいいんですが(^^ゞ
よくいえば、それだけ個性があるってことです。
そうしときましょう...

な〜ん、食べ物じゃないんだからだいじょうぶですよ!
ただの錠剤に品質保持期限も賞味期限もあったもんですか!!
お腹はいたって良好です(^^)
Posted by can8 at 2007年12月31日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75563222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック