2016年06月26日

炊き出し

image.jpeg一昨日から今日までやったのは、益城町にあるパチンコ屋さんの廃汚水の直結工事。
もちろん被害はでていて営業などできるはずもなく、とりあえず改修だけは済ませ、周りの復旧が整った頃に再開する予定だと、元請けの工務店の人から聞かされた。
時節柄こういった娯楽産業はやりにくいのだろう。
だけど、待ち望んでいる人もいるはずで、それはそれとしてやっていけないものだろうか...

その駐車場に、朝から物々しいクルマが二台入ってきた。
おそらくだけど、右翼の街宣車だ。
いや、それ以外のなにものでもない(笑)
クルマの正面には『緊急物資輸送車輌』の垂れ幕が掲げてある。
ボランティアの方々で、一台は三重から、もう一台は広島からのものだった。
この方たちの活動は反社会的と括られることが多い。
いろんな意見があると思う。
気持ちを新たにしたばかりのアタシは、いただける好意に善も悪もないという考えだ。
もらう側が選べばいいことで、温かい志はたしかに誰かを潤わせてくれる。

さすがにアタシらは遠慮していた。
お昼もすぎて一段落したのだろうか、わざわざアタシらのところまで出向いて案内してくださった。
せっかくなんで御相伴にあずかった。
梅雨の合間の暑さに、カキ氷は最高の炊き出しだった。
posted by いのもと◉かんや at 18:15| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック