2016年06月17日

1+1=2の大切さ

練習。
「練る」と「習う」からなる言葉。
ホントは「習う」のが先なんだ。
「習った」のを「練る」んだ。

個性を伸ばすとかのもっともらしい言い訳をするヤツは、ただ単に徹底できてないだけ(笑)
我流では、スグ限界にブチ当たる。
ファンダメンタル...
これを疎かにしないこと。
1+1=2。
これを3とか5とかに憶えちまったら、その先の連立方程式は絶対に解けない。

上手くならない選手には共通点がある。
動きは窮屈で、姿勢は楽じゃない。
でも、それが当たり前になるまで続けてみろ!
「楽(らく)」じゃないことのほうが「楽しい」んだってわかるから...
posted by いのもと◉かんや at 23:49| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439110003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック