2008年09月11日

輪違屋糸里

輪違屋糸里上.jpg   輪違屋糸里下.jpg

昨年の秋にTBS系列で放映された輪違屋糸里TV
浅田次郎の手によるもので、偶然にもちょうどその時原作の輪違屋糸里を読みかかっていた。
なんでか憶えてないが、半ばあたりで放り出している。

ホスピスで最近読んだ本について触れた折、MOONさんから強く推奨されたのがこれだった。
あらすじを話し合っていくうちに手放した理由が思い出された。
テレビはあんまり見ないと広言しているアタシだが、実はけっこう見ていたりする(^^ゞ
それでも見入るってことはあまりなく、つまりはほとんどその程度でしかないので、テレビをつけて音は消してるなんてことはよくある。
これを読んでる時もそうだった。
維新前夜で好きな時代だし、それが浅田節ならなおのことと没入して読んでいた。
読みながら時折テレビ画面に目がいく。

読む。

読む。

目がいく。

読む。

目がいく。

ん?

音を出す(笑)

読んでるものが、端から映像化されてた( ̄□ ̄;)!!

声こそ聞こえないから正真それとはわかるはずもないのだが、最初の象徴的なシーン、島原の音羽太夫芹沢鴨に切り殺されるところなんてありふれてるはずがない。
もしや?...と思って音に聞き、しばし見入ってげんなり...ってのはご想像の通りだバッド(下向き矢印)
上戸彩は抜群にかわいいけれど、無理があるって!
そんなアホみたいな顛末で、テレビを消して読むのも止めたんだ、たしか…。

約一年ぶりに読み返してみると、それがどうだ。
途中までは読み知っているとはいえ、信頼に足る役には立たない方の解説も手伝って上巻は瞬く間だった。
早すぎか(笑)
吉栄天神が姉妹と名乗りあうことも叶わぬまま、死出の病に伏した妹に手向けた胡弓の哀しみ。
侍になり損ないの遣り場のない面目のため、操を捨てる糸里天神の優しさと儚さ。
年に数度も飲まないコカ・コーラを昨日買ったばかりに、頬を伝ったのは黒い涙だったかもしれない。

下巻になるとちょっと飽きてきた(笑)
この手の下りは憶えきれないほど読んでいる。
アルツハイマーは関係ない^^;

いつの時代だってつまるところ人は皆、そうとしか生きようがなく、そうとしか逝きようがないもんだ。
ある人の側から見ればそれは正しくて、その逆から見ればそれは罪となる。
誰しもが己が正当性を謡い、主張する人間が多ければ多いほど人の世の道理は消え去り、獣だけが闊歩する道が現れる。
そこを通る時、ある者は槍を携え、ある者は鎧を纏い、ある者は刀を振り回す。
しかし、おなごは生身のままにそこを往く。
心のうちの正義を噛み潰し、理不尽に耐えて生きることができる女には男衆など所詮かなわない。
いつの時代でも、いい女は強いのだ。

時代物を読む度に羨ましいと思うことがある。
それは死が在常しているところだ。
彼の時代には敢然と死があった。
死して報い、死して証し、死して守る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかりやすいひらめき
この切り札を否定している現代人は、ある意味スゴく不自由なのかもしれない( ̄ー ̄)
posted by いのもと◉かんや at 23:59| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ある人の側から見ればそれは正しくて、その逆から見ればそれは罪となる。

つまりはあの日のボクはそういう事です。
彼女のお役には立てたようです!ニヤリ
Posted by MOON at 2008年09月12日 16:22
>MOONさん
人は、望むと望まざると訪れた結果を受け入れて生きていくものです。
そして人は、ひと時の感情に流されたいものなんです。
すべてを理に計るなんて楽しくもなんともありません。
深遠に潜むその部分の救済こそが真理なのです。
まだまだ修行が足りません!

いや、むしろ逆にあの時はアタシらがMOONさんの解放を手助けしたんですよ。
その真意を汲み取れないとは(笑)
Posted by can8 at 2008年09月12日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106422499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

浅田次郎「輪違屋糸里」
Excerpt: 浅田次郎著 「輪違屋糸里」を読む。 このフレーズにシビれた。  どうやら俺ァ、その立派なお侍とやらになるほかはなさそうだ [巷の評判] 書庫の彷徨人では, 「『壬生義士伝』は新選組のいわば終末を描い..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-03-26 23:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。