2015年03月29日

大塚家具

image.jpg
posted by いのもと◉かんや at 08:05| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

思考回路

image.jpg
posted by いのもと◉かんや at 02:22| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

腫れた

image.jpg

腫れとりまっせー!
画像じゃ伝わりにくいけど、昨日痛みがでたのがボッコリ腫れあがってきてる(笑)
手術して縫合した傷痕の部分がボッコリと・・・。

人差し指の引きつる感じはより酷くなってて、レベル5くらいは痛い。
熱をもった感じだったんで、さっきまで氷で冷やしてた。
今は熱さはないけど、痺れたみたいな痛みがでてきた。

なんなんだ、いったい?


とりあえず寝るわ...
posted by いのもと◉かんや at 22:08| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

痛いんですけど

大ケガをした右手...
普段は忘れるくらいにはなってて、それでもなにかを掴むとかの時、握力がないので思い出す。
なんとか日常生活には支障がないレベルには戻ってる。
リハビリをサボったんで引きつる感じは残ってるし、拳は握れない(笑)
もうしばらくしたらプレートを抜く手術をしなけりゃならないだろうから、そん時はマジメにやろうと考えてる。

今日は高校生の男子のカップ戦の審判に行ってきた。
ダブルで吹いてきた。
今頃になって、引きつり感がハンパない。
しっかり痛みまで伴ってやがるがく〜(落胆した顔)

痛いんですけど...
眠れないほどじゃないにしても...
posted by いのもと◉かんや at 23:59| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

バター

トランス脂肪酸...
誰だって一度くらいは耳にしたことがあるだろう。
アタシはというと、よく知っている。
知識としては(笑)

じゃあ避けているかというと、ぜ〜んぜん!
買うのはマーガリン・オンリーで、マーガリンがこの世に出てからこっち、バターを買った記憶がないくらい...
まぁまったく買ってないはずはないだろうが、それでも五指で足りる回数だと思う。
いくつくらいだったろうか、食卓のバターがマーガリンに取って代わったのは?
小学生の低学年から高学年になる頃じゃなかったろうか!?
仮に十歳でマーガリンと出会ったとして、かれこれ四十年マーガリンに侵食されてることになる。
なにを今更だ(笑)

さっきその禁!?を破り、バターを買った。
宗旨替えに節操はないアタシだ(笑)
なにかを怖れてのことじゃないんだが、カラダに来した変化がそうさせた。

実はあのままアルコールは一滴も口にしていない。
アタシはどこに向かっているのだろう...
posted by いのもと◉かんや at 23:07| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オトコの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

T木Y二さん

先週からずっとアパートの直結工事に赴いている。
ひとりぼっちで・・・。
二階建てで上下四部屋ずつ、計八部屋。
その汚水と生活排水を本下水管につなぎ込む。

これがまぁ捌けないたらーっ(汗)
イチバン小さいバックホーも入らないし、入ったとしても水道管や排水管がところ狭しと横断してて、手掘りを余儀なくされている。
しかも、どの管も浅〜く布設してあるから破る破る(笑)
初日にカッターでコンクリートを切ってたら、その刃で破る。
Φ30mmという普段接しない管なんで、修繕の材料も持ち合わせていない。
材料屋と行ったり来たりしてなんとかつなぎ、洗管しようと末端のメーターをはずそうかしたら、そこから漏水(笑)
サビによる腐食が激しく、リングバルブを扱っただけで吹き出しやがった。
さっきの件で学習してたし、小さいサイズのならそれなりに備えてある。
二回目は存外にすんなり止まった。

翌日には電動ピックで水道管をハツり割ってしまう。
メーターボックスははるか先なのに、まさかこんなとこから曲げていくかね!?
幸い小さい管だったんで程なくして止まり、もう絶対に破らないぞ!!と思いながらやってたが、今度は汚水管をやっちまう。
どんなセンスしてんだ、そこを通すなんて!
住人さんはご不在なんで、○ンコが流れてくる心配はないけど(笑)

それから数日は破らないことを主眼に置いてやっていく。
どこになにがあるかわからない。
そうやってやっと表まで出たのが、昨日...
浄化槽を廃止して本下水とつなぎ込む際、汚水管だけは優先してつなげなきゃならない。
今日はその下堀りにとりかかった。
埋まってる管は全部見た。
ここには絶対ない!というところをカッター入れしていく。
四ヶ所あるうちの最後で、ガス管を切断しちまった(笑)
初日に見たやん、これ!
地表から30cm弱のところを這わしてあったやん!
なんでこんな浅いところで?

末端だけ思いきりふり上げて配管してあった...
プロパンガスの業者さんのプレートがあったんで、スグ電話。
元栓だけは閉め、修繕しやすいように掘って待つ。
駆けつけてくださった業者さんは工事担当ではないようで、でも解体だけは手際よく進めていかれた。
しばらくして修繕専門の方が来られ、チャッチャッとやってしまわれた。
餅は餅屋とよく言ったもんだ。

さてさて...おいくら万円くらい請求が来るかな?と思ってた。
先着の方からお名刺をいただき、そこにはテクニカル・アドバイザーの肩書きがあった。
アタシはちょうど名刺を持ち合わせてなくて恐縮していると、お代は請求しませんから...とおっしゃる。
神かッexclamation×2
ボックリ請求されておかしくないのに、なんとありがたいこと!
なにかありましたらまわしてください...と意味深な言葉と共に手を引っ込められた。
そらもうまわしますとも!

いい人だった!
あの方に幸あらんことを切に願っている。
posted by いのもと◉かんや at 21:24| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

Sorry

髪を切った後、ばってんの湯へ・・・。

お風呂セットはそれ用の棚に置き、湯槽でゆったりしてから、サウナでみっちり汗をかいた。
洗い場に移り、髪を洗いながらなんとはなしに見た前の鏡には、頭頂部がやや薄めの外人さんの背中がうつっていた。
そういえばさっき、サウナで悶々としてる時入ってこられた方だ。
大きな身体をすぼませながら、古式ゆかしき日本人さながらに、手刀を切って分け入って座られたのを目にして、あぁ...いい人なんだな...と思ったところだった。

それからまた肩までつかり、帰るか...とカラダを拭きにいく。
お風呂セットのカゴにのせておいたオレンジ色のタオルを手にすると、後ろで「あっ」と声がした。
振り向くと先ほどの外人さんで、あっ!!と思って手にしてたタオルを見るとアタシのよりオレンジ色がちょっと薄い。
目を移すと、アタシのお風呂セットとタオルはその横にある。
どうやら似たようなお風呂セットとオレンジ色のタオルを外人さんが持ち込んでたんだな。

タオルを手渡しながら、Sorry、Sorry、Sorryととっさに口にしたアタシだった。
彼はニコッと笑って、同じ色ですから間違えますよ...と流暢な日本語で返された(笑)


ただそれだけのことなのに、なんかホッコラした。
あの外人さんがお風呂から上がるのを待って、飲みにでも誘おうかと思ったけれど、アタシはアタシでケツカッチンなのを忘れてた(笑)

縁があったらまた逢えるだろう...
その時はごいっしょしたいものだな...
posted by いのもと◉かんや at 20:56| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

アンソニー・メイソン

image.jpg

アンソニー・メイソン死んだ
アタシがイチバン好きなプレイヤーだった...

NBAが認知度を上げていったのはマイケル・ジョーダンがいたからだ。
彼の活躍は全てのスポーツを通じても抜きん出ていた。
ミーハーなアタシはそれよりかちょっと前に彼の国の競技に触れていた。
それでも知っていたのはメジャーなマジック・ジョンソンラリー・バードアイザイア・トーマスくらいだった。

日本でもテレビに流れ始めると、目を惹く選手がたくさんいた。
素晴らしい選手ばかりなのだが、アタシが惹かれるのはどっか偏ったプレイヤーだった。
みんなの知るところだと、デニス・ロッドマン
強烈な個性を放つリバウンド職人だった。
あとティム・ハーダウェイ
切り裂くスピードだけなら、間違いなくナンバーワンは彼だったろう。
アンソニー・メイソンと同じチームのジョン・スタークス
火の玉小僧って感じの熱いヤツ(笑)

アンソニー・メイソンはタフなプレイヤーだった。
屈強なカラダに物をいわせるディフェンスはまさしく壁で、それでいてボール・ハンドリングはいいからバックコートからドリブルでボールを運んできたりする。
苦労人の生き様をそのままコートで体現しているようで、ブルーカラー的仕事を淡々とこなしていく。
派手な能力がなくともやっていけるというお手本みたいな選手だった。

彼の訃報に触れ、ニューヨーク・ニックス勝利を捧げたそうだ。
ニックスはアタシの贔屓の球団で、今でもこっそり応援している。
あまりに弱いんで、ホントこっそりとだが(笑)
そこには前述のティム・ハーダウェイの息子がいる。
いつもそれくらいやってくれよね、オイ!



御冥福をお祈りします...
posted by いのもと◉かんや at 16:21| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。