2009年09月30日

メンドくさッ…

知り合いが「mixiを始めたい」と言ってきた。
仲がいいでも悪いでもない...
ただ...ハナシはおもしろくない(笑)

まぁ強く断る理由もないし、紹介してもマイミク登録しなけりゃいいし…とメールを送っといた。
昨夜開いてみると、整理して数が減ったマイミクさんがひとつ増えている...
見てみると...マイミクになってやがるΣ( ̄ロ ̄lll)
イカンぞ、それは…。
毒を吐けるようにあっちは整理したんだ。
なのに身近な人がいたんじゃなんにも書けない。
こりゃ解除するしかないな...とやろうかすると、紹介した者は三ヵ月はマイミク解除できないようになっている。
なんだ、それちっ(怒った顔)

今朝会った時に「アタシんとは見ないでね!」と言っといた。
アタシのマイミクさんへ警告ひらめき
それらしいのから足跡があってもスルーしたがいいから...ね!
posted by いのもと◉かんや at 12:21| 熊本 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

号泣

ローソン熊本長嶺西三丁目店』から出てきたら…。

前の信号のところで、自転車にまたがった中学生くらいの女の子が…。

泣いているあせあせ(飛び散る汗)

もう号泣(笑)
昭和の学園ドラマのヒロインみたいに…。
大声で、アーンアーンあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
アーンアーンて、そんな…。
そんな泣き方してたら、怖くて声掛けられないって(笑)

遠めからおそるおそる覗き込んでみると目が合った。
ん?
涙出てないような...((((((^_^;)
なら嘘泣き?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・だよね...
じゃなかったら、あんな大声で泣いたりしないもん、普通…。

アホらしくなったんで足を速めた。
その子はまた大声で泣きながら、あるいはただ単に叫びながら車道を反対方向へ漕いでいった...
あれは誰かに優しくされたかったのだろうか?
posted by いのもと◉かんや at 12:24| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

( ̄ー ̄)

特に意味はありません...
いえ...実はあられぬことをたくらんでたりします...

お楽しみに( ̄ー ̄)
posted by いのもと◉かんや at 18:37| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

づ or ず

最近、吐き気に苛まれている。
実際吐くことはないけど、えづくって感じ...
あ"ぁぁぁ......気持ち悪っがく〜(落胆した顔)

ちなみに「えづく」「づ」って「つ」に「゛」よね?
たしか嗚咽からきてるのよね?
「ず」じゃないよね...((((((^_^;)
posted by いのもと◉かんや at 09:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

非永遠

眠れん...
永遠なんて深遠なことを考え出したら眠れるわけないっちゅうねん!

永遠なんて存在しない。
これはこの世の全てのものにあてはまる。
いや...対峙する一方には存在するかもしれないが、双方が同量のものを持ち続けられるかというと断言できる。
有り得ないってパンチ

でも継続はあると思う。
これは多少のトーンダウンを容認しているからつながっていける。
もっというなら断続でもいい。
もしかしたらイチバンいいのはこれかもしれない( ̄+ー ̄)キラーン

継続はチカラなり...
継続は力なり...
継続は「力」なり...
継続は「か」なり...
継続は「お」と「き」の間なり...
継続は「お(俺)」と「き(君)」の間なり...

スンゲェ無理があるけど(笑)
案外こんなもんかと…。

これから、お話だけに絶対限定してドライブでもしようか?
迎えに行くから車(セダン)
posted by いのもと◉かんや at 21:33| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'08年度版

朝からクルマの中を掃除して、軽自動車から荷物を引っ越して洗車しました。
来週の今日が最終の試験なんで、本腰入れて勉強しないわけいきません。
そのあとはずっとやりました。
たぶん...( ̄ー ̄)

問題をいろいろ解いてみようとネットを探索してみました。
平成20年度の問題があり、昨年のならば問題集で解いているから復習にいいかな...と解いてみました。
ん?たらーっ(汗)
おかしいんです...
どれも初めて目にするものです。
これはどなたかが模擬試験的に作ったのかも!?とも考えましたが、完成度の低さが本物らしいんです。
はて…。
なんでだろう?
とまでは深く考えず、スグ次のことに移っていきました。
手持ちの問題集を開き、先ほどのことがふと気になって過去5年問題の表紙を確認してみました。
こうあります...
平成19年から15年までの過去問を徹底分析...
今は平成21年ですあせあせ(飛び散る汗)
一年分抜けてます(笑)

まさか!?...と思いながら発行年月日を確かめますと、2008年3月1日発行とあります(^_^;)
今年の試験を受けるんですから、2009年版を買わなきゃいけなかったのに…。
こんなんで傾向と対策を練ったなんて言ってるアタシってなんなんでしょ?
法令も変わってきてますから、最新の問題にはそういったのが反映されていたはずです。
そんなんで一次試験を余裕で通過したんですから、ある意味剛の者ですか、アタシって(笑)

なんかチカラが抜けちゃいましたバッド(下向き矢印)
ちょっと寝てから再起します。
起こさないでください!
posted by いのもと◉かんや at 19:47| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

エコロジー

あのクルマはソッコー返した(笑)
乗れたもんじゃない!
乗ってる間、しかと計りはしなかったけど、おそらくリッター4kmはいってない(^_^;)
そんなのアシにできるかってちっ(怒った顔)

今のクルマもいただきもので、現在の走行距離は149,858km。
つい先日オイル交換をしたばかり...
それがどうも調子が悪い。
不愉快な振動が出てて、どうやら三気筒あるうちの一発が動いてないようだ。
以前クルマ屋に勤めていた経験から、たぶんプラグコードがイカれてるんじゃないの!?くらいはわかる。
来月には車検も控えてる。
イタいぞ、この出費は…。
前の勤め先に持っていけばかなりの割安にしてくれるとは思う。
しかし...それもイタい( ̄ー ̄)

夕方ポッカリ時間が空いた時、Kっちゃんとジイさまのハナシになった。
アタシに何度もクルマを融通してくださったあの方だ。
ちょっと前、裏の空き地を廃土出しに提供してくださった。
こっちは廃土棄て場が欲しい。
ジイさまは嵩上げして欲しい。
利害の一致でけっこうな台数を処分させていただいた。
そのお礼代わりにといっちゃあなんだが、駐車場にしたいとのことだったのでほぼ毎日夕方にはバックホウを入れて整地していった。
それが気になっていた...
あれだけ入れたんだから沈下してはいないだろうか!?
確認しにいこうという大義名分ができたんで、ふたりして行ってきた。

整地したところにはハウス用の鉄パイプで車庫ができていて、それ以外の場所も整然とクルマが止めてある。
沈下どころか水溜りもできないくらいよく仕上がっていた。
それから玄関先にズラッと並べてある旧車を見に入り、せっかくだから挨拶しとこうと声をかけた。
久々にお会いしたけれど、相変わらず矍鑠(かくしゃく)たるお方だ。
実はある思惑があって、そのひとつは車庫に眠っている現行のセンチュリーをこっちで車検するから乗せていただけないだろうかというもの。
それが叶わぬなら譲っていただけないかという思いもあった。
もちろんそれはKっちゃんの希望で、さらに値段が折り合ってのハナシだが、やんわりと拒否されてしまう...((((((^_^;)
まぁそりゃそうだ...
そんな虫のいいハナシはない。
そう相場が決まっている...

もうひとつの企みは、あわよくばアタシにクルマを宛がってもらえないもんか!?というもの。
いただきものの軽自動車の調子が悪く、車検も近いんで…と話していると、ご自身のクルマで車検があるのを考えておられる。
「んなら裏のガス車に乗っとくな?」
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!グッド(上向き矢印)
虫のいいハナシもたまにあるからノボせてしまう\(^o^)/

マジッすか?
アタシがイチバン狙っていたのが、実はこれ!
これは以前アタシ用にと手を尽くされてたLPG車
昨年だったか入手なされて、でもアタシもバタバタだったし、クルマ屋も辞めて疎遠になるのでお願いもできないままだった。
そいつだ!
軽く承諾なさったのを何度も確認するのはなんなんで、他のクルマを眺めていたらキーを持ってきてくださった。
それからクルマのところまで行き、ガス車の取り扱いをひと通りレクチャーしていただいてから分乗して帰った。
センチュリーといえどLPG車なら養えないことはないわーい(嬉しい顔)
しかもエコロジーと宣うことだってできる。
中はモケットシートなんでやや高級感は薄れるけど、そこはやっぱりセンチュリー...
押し出しの強さは国内最強グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
黒塗りのそれを、ボウズアタマ人相最悪のサンダル履きヲトコが運転してるんだ。
ハッキリ言って世間の迷惑だ(笑)

さっき試運転を兼ねてドライブしてきた。
作動状況なんかをチェックしていていくつかわかったことがある。
まず...運転席と助手席の窓が開かない...
三角窓は開くのに…。
あと時計が上手いこと表示されない...
フォグランプの球が切れている...
イチバン深刻なのが、ヒーターが効かないこと(笑)
これから寒くなるってのに…。
クーラーは激冷えなのに…。
明日は勉強のほうを追い込むつもりでいたけど、午前中だけでもこいつのメンテナンスにあてよう...

現在の走行距離 174,589km
posted by いのもと◉かんや at 22:06| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

待ち

今日も漏水修理...
花園の現場までやってきて、漏水箇所を掘りあげてみたらLP管。
こいつは旧き良き時代の忌わしい遺物で、でできているがく〜(落胆した顔)
これ聞くと、みんな一気に警戒するからストレートには伝えないけれど(笑)

そいつが老朽化して穴が開いてる。
この管を見つけたら、要撤去布設替が絶対となっている。
漏れてるのは止水栓の先。
本管から止水栓までもやっぱりLP管で、こいつを布設替となると前の道路を通行止めにして掘らなきゃならない。
となると道路使用許可が必要となってくる。
その作業は後日改めて…ってのは必定で、じゃあ漏水修理に来てるアタシらはどこまでやればいいのかの指示を仰いでみた。
その穴だけをふさぐか?
これはまずないだろうから、止水栓からメーターボックスまでを引き直して、ついでに古くなって錆だらけのメーターボックスを変えて…だと思ってた。
電話を待つこと10分...
ななななんと「LP管だった場合は撤去交換してください!」という指示が前もってあってたんだそうだ。

ワハハハ...
誰だ、それ聞いて言ってないのは?

止水栓から露出でメーターボックスまで引いて、あとは山砂で応急的埋め戻し。
午後から埋設打ち合わせに、道路使用許可にとまわらなきゃならない。
さぁさぁ...と…。
posted by いのもと◉かんや at 12:24| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

偽物

朝から現場に持っていくのをダンプに用意してたら、PCの調子が悪いから…と言われ残って看ることになった。
PC作業は正直好きじゃない...
なにが苦手って、冷房が効き過ぎた部屋にいるってのが(笑)

事情を聞いてみると、セキュリティソフトが常駐して始終警告画面を表示してウザいってこと。
そりゃセキュリティソフトは常駐するもんだわ...と思いながら聞いてたけど、考えてみたら事務所のには入ってない(^^ゞ
今時不用心にも程があるってハナシなんだが、こういったことへの進言にはどうもレスポンスが悪い。
ことの重大さが今イチわかってくれてない。
バックアップも取ってないんだから、中のファイルを全消去するようなのにヤラれたらたいへんなことなのに…。
まぁプロバイダとOSのファイヤーウォールで大概のことは対応してくれるから、アタシも深刻に考えちゃいなかった。

そのセキュリティソフトは奥さんが気を利かせて入れたんだろうけど、だとしてもその動作が気にかかる(^^;
実際にPCを開いてみると、怪しげな雰囲気がプンプンしてる...
こいつは納得済みでインストールしたもんじゃないようだ。
アンインストールをかけても自分でネットにつないでまた居座ってしまう。
これは...間違いない...
感染してやがるたらーっ(汗)

よくもまぁ思いつくな...ってくらいウィルスも新種が作られていて、こいつはセキュリティソフトのふりをするタイプ。
そいつが居座って、感染してますよ〜ってウソの警告を出して、削除したかったらどこそこに所定の料金を払って正規版を手に入れてくださいという手口。
まるでオレオレ詐欺(笑)
そういう情報を知らないならビビって発注しちゃうかもしれないって…。
取りあえずキングソフトの無料版をダウンロードして応急処置...
これでしばらくはおとなしくしてくれるはずだ(^^)

今は黒髪五丁目の漏水修理中。
あとはコンクリート打設だけ...
セメントが届くのを待っている...
posted by いのもと◉かんや at 13:28| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

希死念慮

濃くて重い言葉だ...
勉強になるわ...

アタシは死なないけど、もし死んでもこれじゃないから…。
アタシのは単なる自殺っちゅうことで(笑)


こんなこと書いてても、死なないからねわーい(嬉しい顔)
posted by いのもと◉かんや at 00:16| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

アタマイタイ

アタマが痛いぞ...
持病の偏頭痛と違った痛みだ。
いつものならアタマ全体を薄く浸蝕するように痛みがくるけど、今日のは左耳の後ろに強烈なのがある。
そいつがきたら、ピタッと静止してやり過ごすしかない。
アタマをちょっとでも動かすと、高エネルギー反応がある(笑)

ずっと前にもこの痛みを経験したことがある。
それと同じなら、原因はあれだ( ̄ー ̄)
書くのは不謹慎だからやめとくが…。

勉強ははかどってない...
風邪はほぼ気にならないところまできてるけど、冷房の風に当たると凄まじい咳に襲われる。
明日は休日返上で仕事だ。

アタマは...まだ痛い......
posted by いのもと◉かんや at 18:13| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

( ̄ー ̄)

事件です。

椿事です。

潮時です。

転機です。
posted by いのもと◉かんや at 15:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

自粛

しばらく自粛いたします...
posted by いのもと◉かんや at 18:48| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

BOOT CAMP

県民体育祭も大好きだけど、今年に限ってはもうひとつ楽しみがあった。
それは八代市開催ってのに関係してて、訪ねてみたいお店があったのだ。

Bar:ColonT田さんが訪れられたのが一昨年で、奇しくも同じ長月のこと。
ウイスキーのなんたるかなんてまーったくわからないが、そこに息づく人には異常に興味がある。
それはBOOT CAMPというバー。
八代は遠くはないけれど、お酒を飲むとなると腰を据えなきゃならず、となるとつい考えてしまう。
滅多にない機会だ。
そういえばLightStoneを訪ねた時もこんな感じだった。
なんかのついでにお邪魔するってのは恐縮の極みだ(^^ゞ
でも、そんな出会いもありだと思う...

場所は、宿泊してるホテル ルートイン八代のスグそば。
昨年と違い個室なんで帰りを気兼ねする必要もない。
もちろんイビキに苛まれることも(笑)
明日も割り当てをいただいてるんでとことんとはいけないが、お人柄の片鱗に触れることくらいは可能だろう。
そんな思いで懇親会のあと、ひとりで抜け出して行ってきた。

ハイボールをいただいた。
少しだけおハナシさせていただいた。
なかなかに興味深い方だった。
でも...時間が足りない(^^ゞ
なにもわからぬまま店を出た。
妙な心地良さだけは残っている。
posted by いのもと◉かんや at 23:17| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

サイン

止水栓までうって、あとはつなぎ込むだけとなった熊本大学留学生宿舎
残りは公道上ではないんで、昼間にやるものと思ってた。
それを今夜やるんだと...Σ( ̄ロ ̄lll)

そういえば撤収する際、投光機を置いたまま帰ったような…。
聞いてないよ〜がく〜(落胆した顔)

夜間作業はまだまだ続くよ...のサインなのね、あれは…。
posted by いのもと◉かんや at 20:47| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

三角関数

不安視されていた割り丁は、向きを変えることでなんとかクリアできた。
ところが今度は新たに問題ができた。
元請けさんが持ってきてる材料だと横を平行に走っている別の水道管と、NTTの管とを上手くかわせない。
いや...かわせないような感じがするのだ(^^ゞ
感じがするってのは誰もわからないし、確かめようがないから…。
難しい角度での取り付けで、それができるかどうかもわからない。
となるとアタシの出番であるひらめき

当初の計画では本管から22度半の角度で割り丁して、規定の材料を使ったところで22度半のベンドという角度のついたジョイントで平行に戻して、最初の障害である100mmの水道管をくぐろうかというもの。
しかしその高低差がわからない...
パーツを仮組みしても、通るような通らないような…。
親方Tちゃんがアタシにハナシをふってくる。
三角関数なんて久々にやったぞあせあせ(飛び散る汗)
思い出すまではちょっと時間がかかったけど、あとは簡単!
通るってことはわかったから、それでその先の計画を立てる。
くぐったまま側溝の下をいってから、22度半のをふたつ続けて使って次のNTT管の上に出るというのがベストのようだった。
だけど、22度半のベンドはふたつしかきていない(笑)
ひとつ足りない(^^;)
この時点で設計の練り直しである。

さて、問題。
250mmの本管の管上は地面まで135cm、そこから138cmいったところのにある100mmの水道管の管下110cmを下越しした後、側溝の下をくぐって、さらに250cm先のNTT管100mmの管上110cmの上に乗せなきゃならない。
そこに通すのは100mmのNS管で、外径が120mm。
ある材料は22度半のベンドがふたつ、45度のベンドがふたつ、4mのNS直管一本...
どうする?

理想だと、割り丁に微妙な角度をつけて、直管一本で水道管とNTT管の間を通すというもの...
こういった場合、対象物かそれに近い物を置いて実寸を測るのがこれまでやってきたやり方のようだ。
しかし今夜のは側溝が邪魔して簡単に入らない。
ピッタリに合わせて一発で入れなきゃならない。
計算しかない!
やってみるとそんな難しいもんじゃない(笑)
サインコサインタンジェント...
呪文みたいに唱えていた高校時代が甦る...((((((^_^;)
計算結果は、IMPOSSIBLEexclamation
無理...
一発では通せない...
そう言ったんだけど、伸縮式の5m定規を穴に通して実測してみてイケると判断したらしい。
そこはもう現場優先!
机上の論理が通用しないことなんてしょっちゅうだ。

アタシは廃土出しにダンプで走って、運転しながらどうすればいいかを考えていた。
とりあえず側溝まで下越しした後、22度半のベンドをふたつつないでNTT管の上に出るのがいいように思える。
現場に帰ってみると、そうやっていた(^^ゞ
計算通りで、やっぱり通らなかったみたいだ。
この仕事は臨機応変さを要求される。
やってみてダメだったら、即修正。
要は結果であって、誰それの意見が通ったの通らないのは関係ない。
できればいいんだ!

止水栓までうって、昨夜は終了。
元請けさんのハナシでは、連絡はまた次回ということになったようだ。
夜明け前には帰れたんで、思ったより早かった。
アタシゃカップ麺を食って、そのまま爆睡。
さっきやっと目が覚めた...
頭脳も身体もムリがきかなくなったのを実感している...
posted by いのもと◉かんや at 15:08| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

割り丁

昨夜の帰宅は四時をまわった頃。
今朝はいつも通りに現場に出た。
今夜も続きが待っていて、みんなで画策して早く終わって少しでも寝よう!って段取りで進めた。
おかげで午後三時すぎに遅い昼メシになったけど、そこから眠ることができた。
ちょっと早く目が覚めてしまったから、更新などしている。
風邪の具合は、まだ完全とはいえない...

電話での打ち合わせを聞いた段階では、「仮埋めもあるかも!?」ってことだった。
仮埋めってのは、目的まで果たせずに翌日以降に持ち越して作業をする時にやるものだ。
できれば一気に仕上げたいから、ホントなら避けたいところだ。
250mmの本管の真上を通るNTTの管との兼ね合いがあるようで、割り丁が難しいみたいだ。
割り丁とは業界用語で、アルファベットの「T」って字は「丁」に見えると思う。
本管から支管を取るとちょうど「T]のカタチになるから、その作業をこういう隠語で呼んでいるようだ。
連絡ってのはコイツがメインで、それができないことにはどうしようもない。
一応掘ってみて、見てもらった次第でもっと広げて掘るか、別の箇所を掘り直すかになるようだ。

今夜は見通しがない分、キツいぞ...
posted by いのもと◉かんや at 19:37| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

夜間被工

久々の宇留毛の現場
そしてもっと久々の夜間工事たらーっ(汗)
病み上がり継続中には絶対キビしいぞ!

熊本大学留学生宿舎の本管連絡に向かっている。
建物も粗方カタチになっているはずだ。
あのあたりは交通量やら幹線道路やらの兼ね合いがあって、夜間にしか掘らせてくれないらしい。
連絡といっても今夜は試掘だけだから、上手くいけば夜明け前には解散できるかも…。

問題は明日...だな......
posted by いのもと◉かんや at 21:51| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効いたのは?

手持ちの鎮痛剤は飲まない...
そう決めた...
せめてこの風邪が治るまでは…。

ハイ...無理っす(^^ゞ
先生から止められてたけど、昨夜はどうにも堪え切れず口にしてしまう。
もう気が狂いそうになるくらい痛かったんだから…。
夜中にゴソゴソ起き出して、暗闇の中で白い錠剤を狂いかけの表情で探す...
なんかスンゲェ悪いことしてるみたいだ(笑)

でもおかげで眠ることができ、今朝にはかなりスッキリしている。
ホントはメールが効いたのかもしれないけど( ̄ー ̄)
posted by いのもと◉かんや at 07:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

変態、現る

変な汗が止まらない...

寝たはいいものの、熱さから寒さがきて目が覚めた。
Tシャツにトレーナーにダウンジャケット、下はパンツにジャージが今夜の寝る衣装。
いつもは裸族なのにこれだけ着込んだのは、偏に汗をかくため...
その目的通りに汗は出る。
しかし熱くてたまらず脱ぎ散らかしてしまう。
下だけを(笑)

上はギッツギツなのに、下は真っ裸るんるん
上は汗だくなのに、下はス〜ス〜ス〜るんるんるんるんるんるん
このまま夜道を歩いたら、まんま変態じゃないか!?
家でジッとしてたって変態だけど…。

寝る...
posted by いのもと◉かんや at 21:41| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶりかえし?

実地試験に向けての取り組みは...まーッたくやってないがく〜(落胆した顔)
風邪にヤラれちまったから、しょうがないといえばそうなんだけど…。

でも...たぶんなんとかなる( ̄ー ̄)
そんなもんだ......

今日は午後三時すぎにパラッと降ってきた。
たいした降りじゃないと思って、雨支度もせず仕事を続けた。
事実たいした降りじゃなかったんだけど、いきなり温度が下がりやがった。
おかげで今ヤな感じに苛まれている。
なんか熱っぽいし、頭痛もハンパじゃない。
しっかり書きたいことがあったんだけど、それはまた先延ばしだ。

今朝、久しぶりに体重計に乗った。
なにひとつ取り組めなかったわりにはいい数値だ。

体重はこの方向でいい!
あとは体調だ。
今夜はこれで寝る。
posted by いのもと◉かんや at 19:58| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

黒船

さすがにラーメンにも飽きてきたし、体調も戻ってきたんで肉を食いたくなってきた。
でも、いきなり高い肉じゃ胃がすったまげて腹を壊すに決まってる(^^ゞ
だったらファーストフードがいい。
それもMOSみたいに気の利いたんじゃなく、マックの肉塊みたいなのがいい。
野生を取り戻すのだ。
山犬の性分だけど、引き籠もりの山犬じゃあ飼われてるより勃ちが悪い...
いや...勃ちはいいグッド(上向き矢印)
じゃなくて、質が悪いんだ。
対人的なものはもうちょっとリハビリが必要なんで、せめて姿勢だけでも直すべく、それだけを買いに近所まで行ってきた。

メニューを見ながら考える。
そういえばマックを食うのなんていつ以来だ?
クォーターパウンダーなる殺人的物体が来日したって聞き、それに挑みたいと思ったまま手つかずでいたんだから相当な年月なのかも…。
ならば、迷わずそれだろう( ̄ー ̄)
指差そうかして、その上にダブルの名を冠したものが目に飛び込んできた。
日本男児として侮られるわけにはいかない!
“ダブルクォーターパウンダー・チーズ”にして、さらに“えびフィレオ”“てりやきマックバーガー”を追加して、待つこと五分...
1,040円という会計に軽い憤りを感じながら(笑)

一目散に帰ってから、取るものも取りあえずテーブルの上に広げてみた。
ん?
こんなもん...Σ( ̄ロ ̄lll)
大きさなんて規格内だし、重さも想像の範疇だ。
だけど、そんな思いは食べかかった途端に霧消した。
こりゃバカにできんぞ...
ナメてたら跪いちまう可能性はおおいにある(笑)
気を引き締めてそいつは完食したけれど、、あと二個もある...
イカンイカン...
台湾人に屈するならまだしも、西洋の民に敗れては旧政権与党といっしょじゃないか!?
と...自分を奮い立たせて黙々と、ただ黙々と食べた。
そのおかげか具合もだいぶいい。
試合の反省会で思うところがあったが、それはまた明日にでも書こう...
posted by いのもと◉かんや at 23:32| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

空に浮かぶドンブリ

今宵は上弦の月...
見ようによっては、ドンブリに見えないこともない...

ええ...こじつけだけど、ナニカ( ̄ー ̄)

風邪を引いたら基本ラーメンを食いたい!
もちろん食欲が戻ってからでしかないが、ラーメンなら治るのが早いような気がする。
先日痛い目に遭ってからこっち、ずっとラーメンだ。
別にグルメぶってどうこうはないが、叶うなら美味いところで食いたいのは世の常だと思う。
ところがそういうところは麺がなくなり次第閉店するのも世の常で、仕事を終わってからとなるとお気に入りにはありつけない。
ならば新規開拓にはいい機会でもあるが、それはそれでいろんなことがある(笑)
だから世の中おもしろいんだが…。

8日がアトラクション(笑)、9日はヒライ、昨日が黒亭 力合店、で今日が田崎に最近できた二刀流となった。
バカにできないのがヒライの“山ちゃんラーメン”で、390円であれを食わせるのはなかなかできることじゃない!
事実あれより悲しいお店はいくつもある( ̄ー ̄)
今日なんてそうだったもうやだ〜(悲しい顔)
なんだ、あの普通感(笑)
それでいて580円...
400円がいいとこだろ?
“久留米濃(こく)とんこつラーメン”だったっけ、たしか…。
もう行かないから、さっさと記憶から消去しなきゃ!

どっかに背筋がシャキーンッと伸びるようなラーメン屋はありませんかねexclamation&question
posted by いのもと◉かんや at 00:30| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

紹介

薄皮を剥ぐように、少しずつだけど快方へと向かっている感はある。
コジらすのに数日を要したんだから、治るのも同じくらいの時間がかかっても不思議ではない。
あとは先生のお言葉をしっかり守ってれば必ずよくなるはずだ。
薬は五日分いただいているが、今週末には大会があって、そこでのパフォーマンスの低下だけは避けたいところだ。
週明けには必ず行けるという確信もない。
ならばお薬だけでももらっておこうと、再びはせがわクリニックに向かった。

処方箋だけのつもりだったのが、受付でいろいろ話していると、診察を受けたほうがいいということになった。
アタシもまったく望んでいないことでもなかった。
持病の偏頭痛が時々顔をのぞかせる...
さしてヒドくないまま引っ込んでくれてるんで問題はないが、これがもし本気で襲ってきやがったら…。
恐れるところは、そこだΣ( ̄ロ ̄lll)
だけど先生を前にすると、強く言うことができない(笑)
権威に弱いのは、アタシが小市民の証でもある。
先生と対峙するとなんか言葉を濁してしまう。
どうやら風邪の一症状程度としか思われてないようだ。
まぁ本格的に痛みさえしなければいいことなんで、新しい薬をひとつ追加してもらい、注射ということになった。
横たわり、処置していただく間、看護士さんが「どなたからかのご紹介ですか?」みたいなことを訊いてこられた。
そういえばそうだ。
あの通りには病院だらけだ。
いかに目についたからといったって、そんな簡単に飛び込むような性格のアタシじゃない。
潜在的ななにかが暗に誘導したのかもしれない...
先生の顔をまじまじと見ても、どこかでお会いしたような記憶はない。
どっかでこちらの病院のハナシをしたようでもあるが、それも定かではない。
まぁ話すとすればお酒の席でだろうから、もしかしたら?とそう答えた。
それを聞いてらっしゃった先生が「飲みにはどういったところへ?」と入ってこられたんで、行きつけのバーを思いつくまま口にすると、「その線だったらBar:Colonでじゃないですか!?」と断言するようにおっしゃられた。

ああ...そうだったかもしれない......
先生曰く、T田さんのかかりつけでもあるようだ。
先の6周年のお祝いのことをちょっとお話しさせていただいた。
「行くようだったらT田さんにヨロシク!!」とおっしゃられるんで、この具合がよくなるまではおとなしくしときますと答えると、「じゃあ自分のほうが先かな...」とまんざらでもないような顔で微笑んでおられた。
この先生とあのカウンターで同席が叶うようであれば、それはそれで楽しみなことだ。
早くよくならなきゃ!

帰り際に、さっき口火を切ってこられた看護士さんが「お仕事は?」と訊いてこられた。
見ようによっては初当選の衆議院議員に見えるのかもしれない( ̄ー ̄)
でも正直に「土方をやってます」と答えた。
「スポーツはなにを?」と重ねてこられるので、バスケットだと答えた。
そしたら受付の女性と目をあわせて、やっぱり...みたいな顔で頷きあっておられる
受付のこの女性...カワイイのだぴかぴか(新しい)
それなりの成果に携わってきたんだから、良くも悪くもいろんな方の目に留まっているのはわかっている。
だけどそんな雰囲気はなんとなくわかって、こっちも少しくらいは思い出すのが常だけど、今回に限ってはまったくわからなかった。
しかもこんな大事な時に(笑)
風邪は万病の元というのはどうやら本当のようだ...

聞けばその超カワイイ女性必由館高校でやっていたらしい揺れるハート
もうひと方の年配の女性は熊本国府高校の男子部立ち上げの年に息子さんがいたそうだ。
こちらは途中で別の道に進まれたようで、アタシは思い出せなかった(^^;
しかし...先に聞いてよかった。
軽口叩いてヒンシュクでもかったら毒を盛られかねない(笑)
丁重にお辞儀をして帰った。
かかった費用は、740円。
聞きそびれていた注射の中身は、肝臓に作用するなにかのようだ。
薬局でいただいたのは、

          クラビット錠100r
            ・細菌による感染症の治療に用いる薬
          ダーゼン10mg錠
            ・炎症を抑え、痰の切れを良くする薬
          シナール錠200
            ・パントテン酸が欠乏した時、あるいは代謝障害時に用いる薬。ビタミンC。

以上を三日分で、830円。
ノードマントローチ0.25mgがなくなって、クラリシッド錠200mgが入れ替わったくらい...
懸念は懸念のままであってくれたらいいんだけど…。



さて…。
今になって恐れていた事態である...
頭痛がヒドくて居ても立ってもいられないのだ!
堪えきれず禁を破ってしまった。
常備薬を飲んで、この更新をしている。
寒いのか、汗をかきたいのか?
偏頭痛なのか、それとも風邪からの頭痛なのか?
よくわからなくなっている...
だいじょうぶなのか、アタシもうやだ〜(悲しい顔)
posted by いのもと◉かんや at 23:26| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

雑の家

今日の記事...題名から上手すぎます( ̄ー ̄)
龍の家ってこう読んじゃいました(笑)

行ったのは一昨日の夜です。
風邪ひきさんになるとラーメンを食い歩いて治します。
ニンニクのきいた熊本ラーメンは、スープまで飲み干すとポッポポッポと身体の芯から温かくなってきます。
といっても近場で遅くまでやってるとこはありません。
そういやぁたしか大将軍の近くになんかできてたような!?という曖昧な記憶を頼りに東バイパスから浜線バイパスを向かっておりました。
八王寺の陸橋を越えたところで、ひときわ明るい一画が目に入ってきます。
ワンダーシティ南熊本です。
そういやぁ(またかい!!)以前WASAMON LIFEのわさもんちゃんの記事に、ここいらのラーメン店が取り上げてありました。
そこにしとくか!?と思い直して、ハンドルを右に切りました。

店内に入ると、たいそうな喧騒です...((((((^_^;)
アタシの苦手な雰囲気です...
そんな連呼連呼連呼しなくたって…。
でもしょうがありません。
そうやって確認を取り合ってるんであれば、行き違いがあって客に迷惑をかけるよりはよっぽどましです。
それにああやって働く人たちのモチベーションを高く保つってのもひとつの方法でしょう。
こっちは迷えばいいだけのことです。
あのラーメンを食べたいけれど、あの雰囲気を我慢してまで行く価値があるかどうか?
まぁいいです。
一度食ってからです、それだって…。

入ると、やや年配の女性店員さんが席まで案内してくださいました。
座ってから、目の前にあったメニューを広げ、とんこつこく味のセットを頼みました。
ラーメンにごはんと餃子のセットだったと思います。
普段なら初見のお店はスタンダードって決めてるんですが、今日は具合が具合です。
せっかくなら濃厚なのが効いてくれそうです。
その店員さんが下がられると、違う若い女性店員さんがそばにきて「ごはんの上の“ゆかり”はどうしましょうか?」みたいなことを訊いてきました。
一言一句こうだったかは定かではありませんが、いるかいらないかを訊いてきたと思い「いりません」と答えました。
“ゆかり”は好きでも嫌いでもありません。
どっちだっていいです(^^;
ただ白いご飯が好きですから、混ざりものがないほうをお願いしただけです。
それだって訊いてきたから言ったんです。
尋ねられもせず、出されたものに“ゆかり”がのっけられてても気にも留めなかったでしょう。
ですが...訊いちゃったんです、そこ( ̄+ー ̄)キラーン

その女性店員さんはひざを折ってしゃがんで注文を聞いていきました。
先ほどの年配の方は腰を折る程度でした。
別にどっちだってかまいませんが、好意を持つなら前者でしょう。
出されたものをいただくからお金を払うんです。
一方的にお金をもらうんじゃないんですから、お店側が遜る必要なんてありません。
対等でいいんです。
これもお店の経営理念というか姿勢というか、そういうものならご自由に…と思います。
そこらあたりが大切という経営者もおいででしょうから…。

手の届くところに、小冊子が恭しく飾られています。
下から見上げてくる女性店員さんに見てもいいか?と尋ねたら、わざわざ取ってくださいました。
それはバトンという題名でした。
丼をバトンに見立ててみんなでつないでいく...という思想みたいなものをスグ想像しました。
ならば勢いのある掛け声もその一環として認めざるをえないのでしょう。
開いて読んでいきます。
正直、暑ッ苦しいですあせあせ(飛び散る汗)
何度も書きますが、それをお店側で持つのにはなにも言えません。
ですが、お客さんに宣言するのは鬱陶しいものがあります。
昨今、安全や安心を声高々に宣するお店が増えています。
そんなのを言わなきゃならないなんて情けなくはないですか?
そんなの当たり前でしょ?
それと通じるものが感じられてしまいます。
自分たちの頑張りなんかを教えられたからって、味には関係ありません。
接客も悪いのはダメですが、ことさらに気を遣われるのも落ち着きません。
ですからそれはお店側だけでの決まりごとにして、客に約束する必要はないんです。
それを徹底できたなら、スゴく立派なことだと思います。
でも...できないんですから…。

先に餃子とごはんが出てきました。
全然別の男性の店員さんが持ってきてくれました。
ごはんに“ゆかり”がのっかってます(笑)
あんなバカ丁寧に訊いといて、現実はこんなもんです!
訊くのは、儀礼的なものに成り下がってます。
だったら訊かなきゃいいんです。
ですが、餃子は素晴らしく美味しかったですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
もしかしたらこれまででイチバン美味かったかもしれません。
それ以外は望むべくもなく、ただ美味いものが食べたいなら行くべきです( ̄ー ̄)
程なくしてラーメンが出てきました。
先ほどの若い店員さんの方です。
一応“ゆかり”の件は伝えました。
なんかすまなそうなことを言ってるようでもありましたが、よく聞き取れません...
店内の活気はじゅうぶん弊害となっています(笑)
ですが...ラーメンは美味しかったですグッド(上向き矢印)
餃子ほどのインパクトはありませんが、近辺でも引けを取ることはない味です。
終わり際にはちょっと飽きもきますが、これは純味のほうなら解決するかもしれません。
食べながら、店内の様子に気を配ります。
一度スイッチが入ったからには、いろんなことが気になってきます。
できもしないことなら最初から訊かなきゃいいのに…と毒づきながらです...

いっぱいだった店内がちらほとと空いてきました。
アタシは窓に向かう席にいて、背中のカウンターに男女二人組みが座られました。
注文の際、先ほどの“ゆかり”のやり取りが行われています。
これは見届けねば…。
もしやアタシの聞き違いで、「“ゆかり”はのせますか? それともちょっとだけのせますか?」という選択肢だったかもしれません...
ですがいつ供されたのかがわからず、その結果を見ることは叶いませんでした。
まぁいいです。
風邪のせいで一気食いとはいけません。
少しずつ入れていると、さっきまで厨房で揚々と働かれていた女性がピッチャーを入れ替えてゆかれます。
お店の勢い同様、手には三つ四つのピッチャーを持ち、実に手際のよいものです。
でも...です。
勢いがありすぎて、満杯のピッチャーから座席の上に水がこぼれました。
彼女は気づく様子もありません。
結局それは帰るまでそのままでした...
あれを見てしまえば、勢いなんてなんの役に立ってるのかと疑いもするってもんです。
颯爽とやらなくていいから、ちゃんとやることを優先すればいいんです。
ゆっくりやっていいんです。
大切なことはピッチャーを置き換えることで、スピードとかモチベーションは関係ありません。
あれが客にひっかかってたらどうしたんでしょう?
そっちを見たいというアタシってやっぱり意地悪ですかね?

まだまだアタシの観察は続きます...
最初に案内してくださった年配の女性店員さんはレジのあたりがホーム・ポジションなのでしょう。
精算を担当なさったり、その合間にテーブルに備え付けのキムチやら入った壷を揃えてらっしゃいます。
これも昨今よく目にする光景ですが、精算なさる度に消毒液みたいなのを手に吹きつけておられます。
たぶんいいことなんでしょう。
もしなにかの間違いでもあったらたいへんです。
もういくつかありましたが、衛生上のことなら深刻さが違います。
お店に与えるダメージなんて、アタシの指摘の比ではありません!
気を遣いすぎて悪いなんてことはないんです!!

レジのスグそば、カウンターの端に若い男性が時間差を置いてふたり座られました。
お店は一段落していて、手の空いた店員さんが通りすがりに声をかけておられます。
どなたかの知り合いか、ひょっとしたらここのアルバイトの方かもしれません。
休みに食事に来られたのでしょうか?
それだったら微笑ましいことです。
レジにいらっしゃった年配の店員さんとは、親子といえばそう見えなくもありません。
アタシの想像でしかなかったのですが、女性店員さんは近親の情の表現らしくアタマをガシガシやっていかれました。
ええっと...それってどうなんでしょう?
飲食店ではあるまじき行為ではないんですかね!?
客ならまだしも、お店側の人間がやるってのは如何なもんだと思いました。
さて…。
その手が気になってしょうがありません(笑)
レジを叩き、お金を触っただけで消毒液のお世話になるんです。
もっと然るべき事態といっても過言ではないはずです。
先述のケースが今目の前で起きようとしています...
その女性、とうとう消毒液を手に取ることはなく、その手でずっと壷をさばいておられましたがく〜(落胆した顔)

もう笑うしかありません...
つまりお店側が客へのスタンスとして表そうとしているのは希望的自己満足でしかなく、それが真に客のために周知徹底されてるのか?なんて思ったら腹が立って食えないってハナシです。
約束されてるなんて考えず、元気よくやっとるなぁぁ...くらい思って食べれば、ここは美味いお店です。
アタシはそうすることにして、次から行くことにします。
だって美味いのは間違いなく美味いんですから…。
ただ...しばらくは雑の家て呼びますけど(笑)


あ...帰りにお客様係に届くハガキを貰ってきました。
経緯を書くのはたいへんですから、と一字だけ大きく書くつもりですメール
そしてこのブログのアドレスを書いて送ります。
もちろん匿名なんて姑息なことはしません。
個人情報全開です。
近日中に炎上したら、原因はそれかもしれません...
それくらいならまだよくて、もしかしたら襲撃されるかもしれません...
ある意味、楽しみにしててください...
posted by いのもと◉かんや at 22:03| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はせがわクリニック

テレビを全く観ないアタシに、職場の連中はいろいろ話してくれる。
昨夜は夏風邪やインフルエンザの特集があって、それは病院にかからなきゃ治らないんだと教えてくれた。
テレビ至上主義で、テレビが言うことは間違っていない!!と刷り込まれた感ありありだけど、この風邪に限ってはホントかも!?と思って、今日病院に行ってきた。
薦められたのは、たしかまだできて数年の田崎橋耳鼻咽喉科クリニック病院
K雄ちゃんが家族でかかって、奥さんと娘さんがイッパツで治ったんだそうだ。
自身は一日休んで治ったと出てきて、それから三連荘寝込んでいる(笑)
まぁ個人差は世の常だし、特に拠り所もないんで仕事が終わってバタバタと向かってみた。

やっている現場は、駅西の造成地。
夕方五時を回ると現場の総責任者の方がプレッシャーをかけにくる(^^;)
近隣に住宅地が密集してるでもないんだけど、デリケートなことだ。
病院の受付時間が午後六時と聞いてるんで、急げばちょうどいいと事務所で水かぶって出たのが五時半前...
がら空きの駐車場にサッと入ろうとして急ブレーキを踏むΣ( ̄ロ ̄lll)
閉まってるやん...
なんで?
まだ六時にはゆっくりあるやん!と思いながら、ドアに記してある診察時間を見ると水曜日は午後休診なんだと…。
えーい、クソちっ(怒った顔)
なんと間の悪い...
やっと重い腰を上げて医者にかかる気になったのに…。
これはどうしてもどっかにかからなきゃ気がすまない!
半ば意地になって、そういえば通り道に遅くまでやってるような看板を目にしたのを思い出しスグ引き返した。
駐車場に整然とクルマを駐め、看板を見上げる。
24:00までとあるじゃないか!?
こんな営業努力が大事な時代だ!
ふとその下を見ると、オーダーストップ23:30とある...
ん?
新しいシステムなんだろうか?とよくよく見てみると、大型チェーンの居酒屋の看板だった(笑)

イカンイカン...
余裕ブッこいてたらまたかかり損なっちまう。
急いでドアを入ったのははせがわクリニック病院
なんとか受付には間に合った...
渡された問診表に書き込み、途中からは看護士さんがついて問答形式で書いてくださった。
罹感した時期、既往症、頭痛薬の常習性などを話すと警戒の色を強められた...((((((^_^;)
誰もいなかったんでスグ先生のところへ案内され、いきなりお小言である(笑)
偏頭痛への対応薬のつもりが、今回は筋肉痛を鎮めてくれたんで救われたんだけど、その下熱効果が災いして風邪をこじらせちまってるということだった。
いただいたプリントにはこうあった。

病気と発熱について . . . . 医者が困ること
1.“2日前から子供が熱を出しています。座薬を入れると下がるけど、しばらくたつとまた上がります。結局4回座薬を使いました。”
このように言ってこられるお母さんを時々お見うけしましが、これは困ります。
熱発には必ず原因があります。扁桃炎、肺炎、盲腸炎、大腸炎など、体のどこかに炎症が起きると、人間は熱発するのです。何故でしょうか?
人間の体には自分で病気を治そうとする力があるからなのです。
温度が1度上がると細菌の成長速度が半分になると言われています。
昔、薬も注射もなかった時代には、人は病気になると熱発して、3日、4日寝込んで、熱と安静だけで回復していたのです。
もともと熱は病気を治す見方なのです。熱を下げないほうが病気の治りは早いのです。
ではなぜ医者が座薬を処方するのかといえば、高熱が持続した場合、栄養摂取の水分が不足してくるからなのです。一時的にでも熱が下がれば気分がよくなります。
その間に栄養水分を摂ることが大切なのです。その場合でも病気の原因に対する治療が同時に行われていることが必要です。
お母さんたちは子供の熱が上がると心配し、下がると安心されます。夜中に子供さんが熱発した時は安易に座薬を使わず、冷やすだけで様子を見て、翌日病院に連れていったほうが安全なのです。
2日間だけで座薬を4回使われた子供さんは座薬が効いて熱が下がっている時間に細菌の増殖が進みますので症状がこじれている場合が多いのです。
熱は敵ではなくて味方であるということを理解して下さい。

2.“私は今日熱が36度5分もあります。平熱は35度2分ですからきつくてたまりません。”
こう言って来院される方がたまにおられます。これもちょっと困ります。
平熱の測り方は安静時であることと食後でないことが必要です。
人間は運動すれば当然体温が上がります。
食事をすれば1度近く体温が上がります。内臓の運動が活発になるからです。
入院すれば一日に3回の検温があります。食後を避ける意味で、朝6時、昼3時、夜9時の検温が普通ですが、体温は一定せずバラバラです。
それでも、37度以上が常に続くようならそこで原因の究明が必要になるわけです。
原因不明の微熱が続く病気として外来で多いのは、貧血、結核、甲状腺疾患などです。
その際は医者にご相談下さい。


ワハハハ...
突っ込みどころ満載である。
でもそこはほら...愛される患者を目指してるアタシだから、恐縮したままである(笑)
聴診器を当て、これまでの病状のやりとりだけで新型インフルエンザではないと断言されたところは頼もしい。
こっちとしてはひと通りやって安心もしたいところだけど、やったらやったで面倒くさくなるに決まってる。
とにかく治りさえすればいいのよ!
それだけを強く伝えて、ノドに茶色のドロッとした液体を塗られて、静脈注射を一本うってもらい、処方される薬の説明がちょっとあって終了。
受付で払ったのは1,190円。
注射の中身がなんだったのか聞きそびれたのはちょっと後悔しているふらふら
今度訊かなきゃ!

それから教えていただいたそばの薬局に向かい、薬を出してもらう。
出された薬は、

          クラリシッド錠200r
            ・細菌による感染症の治療に用いる薬
          ダーゼン10mg錠
            ・炎症を抑え、痰の切れを良くする薬
          ノードマントローチ0.25mg
            ・口の中の傷口や炎症部分を殺菌・消毒する薬
          シナール錠200
            ・パントテン酸が欠乏した時、あるいは代謝障害時に用いる薬。ビタミンC。

以上を五日分で1,000円也。
そんなもんなの?
なんかドラッグストアとかで、ちょっと気の利いたの買っちまったらもっとするよ!
こんなんだったらさっさと医者にかかるんだった!
帰りに肉体労働者御用達のお店ヒライてガッツリ食って、スグ寝た。
目覚めたら憑き物が落ちたみたいにスーッとしてるんだろうな...と思ってさっき起きだしたけど、改善は感じられない(笑)
相変わらずノドに強烈なイガイガ感がある。
でも医者からの処方箋以外は控えようと思っている。
とりあえず寝なきゃ…。
posted by いのもと◉かんや at 00:42| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

Be Quiet

昨夜の心配は具現化することはなく…。
かといって万全には程遠く…。

しゃべらないなら痛みはない。

今日は寡黙な青年でいることにしよう...
posted by いのもと◉かんや at 08:31| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

無音

風邪は快方に向かっていると感じてた。
一昨日までは…。

昨日は朝から取り残した現場の写真と、生コン打設したのが乾いた頃だから、門扉の復旧にひとりで行った。
終わったら水道局に寄って書類を二通出し、あとは駅西の現場での作業の予定だった。
身体が治ろうとしてるんだから、一気に大汗をかいてやれば楽になる...
アタシの場合、風邪の終局はだいたいそんな感じだし、そのつもりだった。
アルミ製の門扉はネジ四つで簡単に元通りになる。
やっていると電話が鳴る。
手を止めて出ると、親方Tちゃんからで、大事な写真がPCから消えちまった!!と嘆いていた。
もうずっとずっと前、似たような依頼があったのを思い出す...
過去ログをたどってみると...あったひらめき
読み返してみると、人の縁とか深いところを感じてしまう( ̄ー ̄)
世の中どこでつながってるかわからないもんだ...

水道局経由で帰り着いたのは十時前...
今もあの時のPCは二台目に置いているから、そこには復元ソフトが残ってるはずだ。
事情を聞くと、デジカメから移していて「上書きしますか?」と出たからなにげなく「はい」を押してしまったそうだ(^^;)
こんなこと初めてだ!と憤っている(笑)
まぁ普通はない...
ないけど、工事の記録用のデジカメは基本的に毎日中身を移しては削除する。
こいつは防水防塵耐衝撃モデルで、充電も転送もUSBケーブルからできるけど、PCに疎いのに用心深い連中なもんで、わざわざSDカードを抜き差ししてデータを移動し、バッテリーをハズして充電している。
デジカメ側の日時設定はあえてしていない...
かつて誤解を招くようなことがあってからというもの、設定をしないまま使用している。
とまぁこんなふうな使い方をしていると、デジカメが自分の中にフォルダを作る際、同じ名前で作ってしまうなんてことが起きても不思議ではない。
以前からバックアップ用のHDDを一台置いたがいいよ!と進言はしてきたけど、さして必要性も感じられないからそのままにして、PCに取り込んでは加工して…ってのやっていてこうなった次第だ。

削除したのを復元するのと、上書きしたのを復元するってのは似てるようでちょっと違う。
ホントに真上に上書きしたのならかなり厄介になってくる。
今はそういうのも復元するソフトがあるってハナシだけど、そんな最新型はきっと高価だし、持ってる友人がいるかどうか?
ええ...アタシ...持ってたりするけど( ̄+ー ̄)キラーン
しかし...どこに置いたかだ(笑)
そんなん使わないやん、だって…。

とりあえずあるのでやろうと、以前やったソフトを立ち上げて思い出してしまった。
あの時もマシンパワーの不足で結局違う機体でやったんだった...((((((^_^;)
まぁフリーソフトでなんとかなるかも!?とそっちをやりかかった。
あるのは片っ端から試していく...
親方Tちゃんは知り合いに電話して、ヒントらしきものを言ってくる。
だったらそいつに頼め!!ってノドまで出かかった言葉を飲み込んで聞き流していく(笑)
今言ってきたのはもう全部試したって!
そいつらだって詳しいには違いないだろうけど、こっちはこれで糊口を凌いできたんだぞ!
それがまだできてないんだから、電話口でゴチャゴチャ言うくらいなら来てやってみろってんだ。
そしたら肩越しに優しく微笑んで、「やっぱりアタシがやりましょうか?」って送り出してあげるから( ̄ー ̄)

削除ファイルにそれらしきものはヒットするけど、JPG画像として復元するには断片化が激しい。
でもヒットしてるんだから、ソフト次第じゃできないことはないはずだ。
えーい、クソちっ(怒った顔)
部屋の掃除をやるしかないのか(笑)
なんとか見つけ出し、夕方にはレスキュー完了。
電話口でアドバイスしてた連中は誰ひとり顔も見せなかった(^^;)
まぁそんなもんだ。
みんなも帰社してきて、親方Tちゃんがアタシのことを「たいしたもんだ!!」と称えている。
こっちはそれどころじゃない...
一日いっしょに極寒の中にいたんだ。
夕日を浴びながらガタガタ震えていたたらーっ(汗)

そのせいでか、今日はとうとう声が発せないところまできた。
しゃべれないってのはアタシにとっては死と同義だ。
ノドの痛みはなくなってきたんでいい方に転んではいるのかな!?と考えていたけど、夕方から激しい頭痛とノド痛に発熱が襲ってきやがった。
おでこに手を当てて熱いって感じるなんて、アタシにゃ珍しいことなのだ。
今は凍らしたペットボトルをあちこち当てたり挟んだりして、この更新をしている。
寝ろ!ってハナシだ(笑)
明日は仕事に穴を開けそうな気がしてしょうがない...
posted by いのもと◉かんや at 22:49| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

古の教え

書き残しておかなきゃならないことのひとつ...
古の諺は正しい!ってハナシ( ̄ー ̄)

死を覚悟したあの夜、もしや最後の晩餐?という懸念を抱いたまま外食に出た。
アタシの山犬の勘はほとんど当たることはなく、人生の終焉に口にするのをそんな不確かなものに委ねるわけにはいかなかった(^_^;)
誰かのお薦めにすがろう...
そう思い、いつも小洒落たところをUPなさる別冊シネモヤン ぐるめどんなるところを開いてみた。
実はここ、時たまえれぇオッサン目線で紹介される店がある揺れるハート
そこはアタシも密かに推奨してたりするから、それ以外のオッサン的嗜好も合うかも!?と参考にさせていただいた。
疲労困憊の中、息も切れ切れでたどりついたのは金龍美食レストラン
白山通りにあるお店で、「金」という字は「金」が「森」みたいにみっつ組み合わさった字。
郷に入っては郷に従え...という諺が日本にはある。
ない字をあえて使う心意気やいかに?

この通りを西下すると、国交断絶の口火ともなりかねない蕭仙美食亭がある。
二度ある子とは三度ある...という諺というより男女間の真理が日本にはある( ̄ー ̄)
まさかここが三度目だったとは(笑)
そもそも日本人の美徳といたすところのちょっと遠慮がちのへりくだった感は彼の国にはないのだろうか?
店名に堂々と「美食」と謳う心根を真っ先に疑うべきだった。

入る前から“炒飯”と“餃子”を食べると決めていた。
ドアを開けると、日本人ではない男性三人が異国の言葉で談笑なされていて、その内のひとりが腰を上げながらテーブルを指し示してくれた。
お店の方だろうか?
うながされたままそこに座る。
そしてスグ別のテーブルに座り直した(笑)
エアコンの風が直接当たって耐えられそうになかったから…。
そこでは先ほどの男性と正対するように目が合う...
悪気はないし、体調による事情でもあるけど、いい印象じゃないはずだ。
三人の語気がさっきより荒くなったように思えるのは気のせいか...((((((^_^;)
でも知ったことか!
こっちゃ死にそうにキツいんだ!!

ゴチャゴチャ考えるのも面倒くさいで、メニューを広げてお目当てのものを探した。
声が出ないんだ...
メニューを指で示すのがイチバン手っ取り早い。
お冷を持ってきた女性に“五目炒飯”380円と“焼き餃子”350円とを伝えた。
彼女は確認してきた...
「ぎょみょきゅで?」

は?
いやいやいや...
ここは日本だぞ!
サッカーやプロ野球なら通訳もありだけど、飲食業ならもうちょっと日本語をしゃべらなきゃ!
まぁいい...
たぶん彼女は「五目で?」と言ったのだ...
たしかに他にも幾種類か炒飯がある。
だからに違いない。
そう好意的に考えていると、続けてまた訊いてきた...
「ゃきで?」

いやいやいや...
絶対わざとやってるだろ(笑)
さっきはギリギリ文字にしたけど、「焼きで?」ってのは「で?」しかわからなかったんだから…。
ただ流れでそう感じたからうなずいただけで、問いかけが「酒●法子と知り合いで?」だったら今頃取調室でカツ丼食ってるところだぞ!!
大相撲を見習え!ってハナシだ!!
そんな思いは知る由もなく、彼女は厨房に注文を伝えた。
たぶん…。
異国の言葉だったんでわからない...
男性三人組は身振りまで交えて熱く語っている。
そこに今風の男女が入ってきて、てっきり同胞かと思いきや渡来人で、三人組とも厨房とも知り合いらしく盛り上がってくれる。
母をたずねて三千里のマルコの心境のアタシだった(笑)

心細さで「センタープラザ」の歌が脳内でリフレインしだした頃、“ぎょみょきゅ炒飯”がきた。
心身ともに堕ちている。
もう貪るように食った。
“ゃき餃子”は追々くるだろうと、ただただ食った...
これが...なんと......美味かったわーい(嬉しい顔)
これで380円なら言葉の壁すらもアトラクションだ(笑)
ここを紹介なされた先達たちの目は流石だな...と妙な感慨に満ちたまま、同様にお薦めだった“ゃき餃子”を待った。
これは間違いなく忘れている!!と思えるくらい待った(^^;)
まさか台湾まで取りに行ってるんじゃないだろうか?
それくらい待った...
待たされるだけ待って、食事は終わったと胃袋さえも完全に思ってる時に唐突にそれはきた。
心のどこかでは、忘れててくれたらいいのに…と思ってもいた(^^ゞ
でも...出された以上は食べなきゃ…。
だってもったいないじゃない!

アタシ、生まれてこの方残したことがない(と思う)
いや...満腹で食えない!とか、体調が思わしくなくて…とかだったらあるけど、食べ物の味で残したことなんてない!
生来のバカ舌はなんでも美味しくいただけるし、そもそもお店を構えるって人たちがそう不味いもの出すわけがない。
贅沢ばっかり言ってんじゃないの!
そんなアタシが…。
ええ...そんなアタシが残してしまったのよ..._| ̄|○
七個乗っかってきたうちの五個も残して…。

言い訳をさしてもらおう...
体調は最悪だったさ!
味覚もどうかなってたし、満腹感もあったさ!
脂っこいのは年々敬遠しがちだったさ!
そんなん全部ひっくるめても、あの油に浸したような餃子はナシだろ!?ちっ(怒った顔)
もったいないお化けが出てきたら、ひと口食わせて納得させてやりたかったわ!
よくもここまで不味く作れるもんだな...
厨房にいるのはアタシか(笑)

許せなかった...
味も、風邪も、残してしまった自分も…。
スンゲェ後ろめたい気持ちで席を立った。
食べ切れなかった餃子を見ることはできなかった...
もちろん店員さんの顔も…。
これは教訓にせねば…。
毒を食らわば皿までも…という諺がある。
やっぱりまだ命は惜しい。
毒は食えないから、次からは皿だけでも食おう(笑)
posted by いのもと◉かんや at 23:26| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

甘苦逆転

病気をしてからこっち、なにがイチバン困ったかって食べ物...
食欲はないから量は食えないけど、食わなきゃカラダによくない。
ちゃんとしたものを食いたいけれど、お店に入ると冷房全開にヤラれて余計によくない。
落ち着く先はコンビに弁当しかなく、そこだって寒さにかじかみながらのことだ(^_^;)
なんでこうもどこもかしこもクーラーに依存しちまうんだろうか!?
アタシの中じゃ地球温暖化よりもそっちが心配である...

今回の風邪!?で初めて経験したのは、味覚が逆転したこと。
逆転というにはちょっと違って、甘みだけが苦く感じるようになってしまい、その逆はない...
苦いのは苦いまんま...
まるで人生のよう(笑)
まぁそれはいい。
カラダが甘いのを欲するから口に入れると、もれなく苦く感じてしまう。
これも病気に一症状なんだろうか?
口内がそうであって、体内に入ればカロリーはカロリーとして処理してくれると信じて飲み下してきた。
コーラも、ジュースも、アイスクリームも…。
昨日ドラッグストアでノドを冷やすのによさそうと大人買いしてきたかき氷雪
さっき起き出して熱冷ましにノドに当てながら、ちょっと食べてみた。
甘〜いるんるん
甘いってこんなに感動的ものだったの(笑)
戦時中ならいざ知らず、この近代社会においてこんな体験ができるなんて病気もちょっとはよかったかも…。

たぶん味覚が正常化してきてるからなんでも甘く感じることができるとは思う。
でもアタシが食べたのだけかもしれない( ̄ー ̄)
感動をもたらしてくれたのは、下益城郡城南町に会社がある日豊食品工業のもの。
指名買いするだけの価値はある!
posted by いのもと◉かんや at 23:58| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする