2008年07月31日

第十八回配布...

アクアボール・サボテン080731.jpg午後からコイツを持ち込む予定です。

これは以前もらっていただいたもののひとつですが、ひっくり返したそうで出戻ってきました(笑)
それを早くから水栽培で試していまして、アクアボール仕様にしてみました。
今日まで水腐れを起こすこともありませんでした。
これからスクスク育ってくれることでしょう、たぶん(^^ゞ

かなり涼しくできていると自負しております。
ご用命の方がいらっしゃいましたらお申し出ください。
期限さえ設けないでくださいますなら対応いたします( ̄ー ̄)
裏の花壇に入れる堆肥も持って行くと思います。
お待ちください...


待ってなんかいないかバッド(下向き矢印)
posted by いのもと◉かんや at 12:25| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | 萌えれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四つの嘘

四つの嘘.jpgこれはテレビ朝日系列で木曜夜10時からオンエアされているドラマ四つの嘘に刺激を受けて手にしたもの。
けっこう影響されやすいのだ(^^ゞ

ドラマのほうはアラフォーを意識しての展開を見せているが、おもしろいのは本のほうがずっと上だ。
おどろおどろしさが文字でなら際限なく広がっていく。
想像が尽きることはなく、うっとおしい女はどこまでもうっとおしく、悪女はこれでもかと悪女に成り上がる。

実写化すればどうしてもキャスティングの壁ができてしまう。
今作の永作博美に関しては異論を唱える者はいないだろう。
小悪魔、悪女、作為のある女を演じさせたら最強無敵は彼女だ。
なのに対極に立つべき寺島しのぶが野暮すぎる。
直情的な役が多かったからそんな先入観を持っているのはたしかだが、やはりこの中なら岩本美波が相応しい。
そしてイチバンツラいのは、原詩文の娘冬子役の若手女優だ。
キーマンになるべき役どころなのに、小悪魔には程遠い身の程知らずのただ単に若いだけの女なのだ。
ミスキャストと言わざるをえない。
せめて原作を読み込んででもくれればもう少しは違ってくるかもしれないけれど、読み取るだけの才量はないように見える。
ならば演出に期待したいところだが、対する母親役が小悪魔の完成型なのだから馬脚は覆いようもない。

この本の作者、大石静を辛辣に批判したのさえ憶えていなかった。
別れられないよね?を読んでそうだった。
憶えるもなにもアタマに入ってなかったように思える。
目に映るだけで跳ね返ってのかもしれない。
欠片さえも思い出さないのだ(^^;
検索して引っ掛かったのに驚き、そのことがまったく記憶にないことにさらに驚いた(笑)

それなのにこの原作本はいいひらめき
それもかなりいい...
殺那的で、病的で、愚かで…。
しょせん人間なんてこんなもんだ。
生きてること自体に意味なんてないんだ。
「なら死んだがマシだ」と言うような輩はどうぞさっさと逝ってくれ!
誰かに理由を求めるようなヤツは、それこそ生きてる意味なんてないんだ!

意味なんて自分で見つけるしかない。
立派なことじゃなくっていい。
自分が自分に納得できれば…。
他の誰を欺いても、自分に正直であれば…。
それが軽薄なことでもいいんだ。
世間に迎合されなくてもいい。
最悪...ホントもう最悪だけど反社会的、非人道的、倫理観の欠落、不道徳の極みと後ろ指を指されても、自身に一片の疑いすらないのならしょうがないかもしれない。
それはあまりに極論だけど、誰だって多かれ少なかれ抱えている。
ただ、すべてに忠実であれば許されないということもわかっているし、後悔が待つ未来さえも予見できるだろう。
自分を律することを学び、そしてなお欲望に真摯に向き合う...
それがそのまま生きる意味となる...はずだたらーっ(汗)


物語は中盤にきていきなり重たくなってしまった。
ここまで人間の内実に深く切り込んでいただけに、下世話な犯罪を幕引きのきっかけにした作者にはちょっとガッカリした。
人間としての心の振幅と機微に共鳴できていたのに、途中から女を意識させ、それも最も卑劣な手段で突き付けてくる。
最後はそれぞれが自愛を発揮して人間らしく振る舞ったから気持ちよく置くことができたけど、でももっと気持ちよく終えることもできただろうに…。

破滅型の兆候が色濃く表れるアタシは、この何十倍も気持ち悪く終わってくれてよかったんだけど…。
posted by いのもと◉かんや at 00:55| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

アクアボール

アクアボール・サボテン080729.jpg水栽培のちょっとオサレなバージョンです。
なんとサボテンで…です。
過剰な水気を嫌うというのが一般的なんですが、いくつか検索してみるとアタシの持ってるこの種類はイケそうなんです。

田井島に新しくできたSeriaにさっそく行ってきました。
見て回ってると、お手頃観葉植物のコーナーが充実してます。
その中にアクアボールなるものがありました。
これってホスピスに置いてあるヤツです、たぶん…。
マネっ子ですが、ナニカexclamation&question

これでしばらく育ててみます。
枯れないようだったら、持ち込みますからわーい(嬉しい顔)
posted by いのもと◉かんや at 12:33| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 萌えれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

中止

再起動はひとまず延期soon

頭痛がハンパない...
寝る眠い(睡眠)
posted by いのもと◉かんや at 16:58| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再起動

久々に体重計に乗ってみたら、あんまり変わってなかった。
ただ...体脂肪率は悲しい数値を指していた...

腰痛が再発してから丸々二週間を休んだ。
違和感は相変わらずだけど、このまま完治するかの見通しなんてない(^^;)
秋口にかけては大きな大会もあるから、じっとしてるわけにもいかない。
痛みは痛みのまま、悪化しないよう気をつけながら今日から再起動することにする。



といってもしばらくはウォーキングだけだけど…。
posted by いのもと◉かんや at 14:13| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

暑かった

今日は暑かった...
たぶん今夏最高じゃないの?

簡易温度計は室内でも31℃を指している。
実際の室温はもうちょっと低いと思うけど、温度計は壁に掛かってるから外光の影響を受けているのだろう。
試しにそいつを外に出し、直射日光に晒されたアスファルトの上に置いてみた。
あっという間に50℃オーバーグッド(上向き矢印)
測れるのは50℃まで...
そこから先は怪しいもんで、もしかしたら振り切って壊れてしまうかもしれない(^^;)
実際には60℃は超えているはずだ...

こりゃ犬の散歩はもちろんだけど、子供はたいへんだな...
地面に近いってだけなら、並のオトナよりかは背ェの小っちゃいアタシ...
ツラさも二割増しだな(笑)
サンダルじゃないけど、アタシも縮んでたりしてたらーっ(汗)
posted by いのもと◉かんや at 16:38| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

土用の丑の日の次の日

土用の丑の日080726.jpg昨日は土用の丑の日でした。
そして今日はその次の日です。

こういった時節モノはその日にいただくのが妙味なんですが、昨日はバタバタに腰痛まで出て動けませんでした。
あらためて今日向かおうとしましたが、二軒電話してどちらもいっぱいです。
ちなみに電話した二軒はうな専大新です。
後者はお店の前に並んで待ってる人までいるとのことでした。
腰の痛みもあり、出さらくのは正直パスしたかったんで今回はよしとしましょう。

友人が立ち寄ると連絡があったんで、そっちにわがままを伝えました。
美味しい鰻飯が食べたい!!と…。

届けられたのはこれでした(^^ゞ
HottoMottoうな重です(笑)
650円が今月末まで100円引きセールということで650円だそうです。
そいつもいろいろ食べてるヤツですから、うなぎ屋には明るいほうです。
当然お持ち帰りが可能なところをいくつか当たったそうです。
時期が時期だけに対応してもらえないというのもよくわかります。
しょうがないな...と半ばあきらめて食べかかりました。
いやいや、どうしてどうしてグッド(上向き矢印)
バカにはできませんて!

昔...いや大昔食べた時は、危うく店員さんに電話するところでした。
これはいつ飲み込めばいいのか?と(笑)
それくらい噛んでなきゃいけないものでした...

これで550円なら文句のつけようがありません。
じゅうぶんどころか、しっかり美味かったです。
アタシのバカ舌を差っ引いてもホント美味しくいただけると思います。

今年の丑の日は8月5日もだそうですね。
来月はちゃんとしたのを食べたいところですが、もしどうしようもなかったらまたココのにしますか...
posted by いのもと◉かんや at 14:25| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縮小化

例のパチモンcrocs
しっかり期待に応えてくれたのよひらめき
笑かしてくれたら元は取れると思って買ったもの。
399円で想像に違わず中国製。
やってくれたわ、予想外のオチまでつけて…。

買ってからはけっこう履いてたけど、やはり鼻緒のあるタイプが恋しいようだ。
自然とコッチを酷使しちゃってる。
腰の調子がサイコーなんで、安定感のあるほうがいいかなと久々に履いてみた。
久々に…といっても4、5日ぶりだ。
アシを入れ、違和感の出処に思い当たり思わず吹き出してしまった。
どうしてくれたと思う、コイツ?

なんとこのサンダル、縮みやがったのよ(笑)

縮む?
ドライクリーニング・オンリーじゃないんだぞ!
ビーサンだぞ、ビーサン!!
縮んで小ちゃくなるってあるか?

原因は何だと思う?
ありえないって!
これが他のならまだいいよ。
でもサンダルだぞ!
何度も言うけど、ビーサンなんだぞ!
ビーサンといえば夏がイチバン活躍の場じゃないか!?
それがこのバカ野郎、直射日光に当たったってだけで(笑)
たしかにここ数日、西日が直接当たるところにほっぽってた。
だけど…。
だけど...ねェ...

アタシのアシのサイズは24.5〜25cm。
これまではゆったり履けてたのが、もうキッツキツ(;´∩`)
たぶん今23.5cmくらいになってる...
ひょっとして水に浸けたら戻るかも?とやってみたけど(^^ゞ
履けなくなったからって捨てるのは忍びない。
貰ってあげよう...という奇特な方はどこかにいないだろうか( ̄ー ̄)
もしおられたらご一報くだされmail to
それとも、このまま日に当ててどこまで縮むか試してみるか!?
夏休みの自由研究にはちょうどいいかも…。



いやいや、待てよ...
もしかしてアタシ、今さら成長してたりしてグッド(上向き矢印)
posted by いのもと◉かんや at 00:47| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

グレードアップのお願い

これまで眼前の棚に置いていたPCを放熱や音、副流煙を考えて床に置くことにした。
机と壁とには15cmほどスペースある。
PC本体の幅は約10cm。
そこにもぐり込ませればいい。
でもスイッチやUSB、ディスクの出し入れもあるから奥に収まりっぱなしというわけにはいかず、床に直置きってのもなんだからキャスター付きの台に乗せることにした。
しかし、そんな場所におあつらえむきのなんて早々ない。
だから作ることにした。
たいがいのことは出来るのだ、この歳までひとりで生きてきていれば(笑)

幸いキャスターはなんかのを取ってあった。
程よい板切れもあるし、ついでに外付けHDDも乗せれるように柵も付けた。
画像はないけど、上手いことできてるんだからるんるん

それに乗っけたはいいけど、机の下で配線やったり、メンテナンスやったりっていうのは日常生活で考えられる最悪の無理な体勢を強いられる。
ちょっとした拷問だ。
真性のMのアタシだが、痛いのはダメなのだがく〜(落胆した顔)


間違いなくそのせいで、局所的な痛みだったのが腰から全体的なものになっている...
笑っても、咳しても痛い。
本格的なギックリ腰だバッド(下向き矢印)
立ち上がってしばらくはオジイチャンの姿勢でなきゃいられない(笑)
ほとんど気にならなくなっていたお尻の上の引っ張り感は、ご丁寧なことに違う痛みへ無償でグレードアップしてくれた(^^ゞ

まぁ昨日の今日で大騒ぎすることもないだろうけど、だいじょうぶなんだろうか、アタシの腰は?
これからも昼に夜に頑張ってもらわなきゃいけないのに揺れるハート
若い頃に高負荷をかけすぎたのがいけなかったんだろうか!?
パソコンみたいに簡単に換装できないもんだろうか?
どうせなら大容量高速回転のにお願いしたいのだが…。
そうか...世に出る時に永久保証のサービスパックに入っとけばよかったんだ(^^;
いやいや...もうそんな長くは使わないから、初回だけ無料で交換をやってくれないだろうか!?
ねェ...神さまぴかぴか(新しい)
posted by いのもと◉かんや at 11:42| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

サルベージ失敗

預けておいたPCは金曜日には届いていた。
立ち上げるのが面倒だったんでしばらくはほっぽってた。
でもさすがにこのままじゃいけないだろうと昨日やりかかった。

コンピュータのほうはスイッチポンでいい。
問題はファイヤーウォールの設定と、逝ってしまったHDDのレスキューだ。
ウィルス対策はNortonを入れてるんだけど、ネットで購入して更新したんで手元にはなんの書類もない。
どうやってけばよかったかな?と思案していた。

先にレスキューをやろうかとUSBケーブルをつないでみた。
これはGroovyのもの。
説明書通りにやったけど...ダメだった。
<スタート>からマイコンピュータの<プロパティ>を開き、【管理】を開いて【ディスクの管理】を開く。
ここに表示されてないならほぼアウト。
その画面にある【デバイスマネージャ】を開いて、《USBコントローラ》を開き、ビックリマークが出てないならUSBラインに問題はない。
こんな場合は《USB大容量記憶装置デバイス》に出ることがほとんどだろうけど…。
その下にある《ディスクドライブ》を開いてみると、ここにはひとつ認識されていた。
でもどうしようもないけど(^^ゞ

今度はPCケースを開けてHDDを入れ替えてから起動してみる。
すんなりいくなら、その状態で移動させてしまえばいい。
これも無理だったけど(^^ゞ

一応サポートセンターに電話を入れていろいろ確認してみた。
応対に出てくれたのはK原という男性。
いやぁ...ちょっと見直したゾ!
DELLのサポートは最悪って聞いてたし、アタシも確信を抱いてたんだけどどうしてどうしてグッド(上向き矢印)
非常に親切丁寧だった。
でもダメだったけど(^^ゞ

親切に甘えてシマンテックの電話サポートの番号を教えてもらった。
先にファイヤーウォールを設定してしまおうと電話をかけた。
説明にしたがっていくと簡単に済んだ。
済んだけど、ここからPCに落ち着くまでが時間がかかる。
もうとにかく時間がかかる。
実際には15分に満たないくらいだろうけど、長く感じてしょうがない。

なんとか終わって、再度レスキューに挑んでみた。
なにをやったかというと、HDDを冷凍庫に入れた(笑)
丸一日くらい入れといて、明日にでももう一回やってみようと思う。
たぶん無理だと思うけど(^^ゞ
posted by いのもと◉かんや at 13:20| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

どやつもこやつも

昨日はとにかくバタバタだったとに、事故処理まであって慌ただしか一日だった。

こっから先は小姑みたいに小っちゃかことば書くけど、読んどって癇癪にさわったらスルーしてくれ!
反論はよかけん、心の中にしまっとってくれ(笑)

事故処理に限らず、仲間内で手伝うごたることんあったら食事に誘うようにしとる。
仕事はこなしたっだけんギャラが発生すっとは当然ばってん、まともにもらうわけにもいかん。
かといって格安にしようもんなら意味もなく遣われかねん。
いっそ借りか貸しにして次回なんかあった時に…ても思ぉたけど、ならばよんどころない事情でん出ていかにゃならんくなる。
それもたまらん。
なら焼き鳥行ってチャラ!!ってくらいがちょうどよかなてなっとった。
これまではそうやってきたし、そうやってもらってきた。

昨日んともそやんもんだろうと思っとった。
貸しばことさら騒いで催促するのは好きじゃなか。
案内がなかならなかで、とっとと出かけようて準備しよった。
謎かけるような素振りはあるもののハッキリせん。
問いただすとはイヤだけん出ていこうかすると、背中に話しかけてきた。

今夜はどがんしなはるですか?

はぁ?
どがんもこがんもそっちの気持ち次第だろもん!
心中ではそがん毒づきながらそん真意ば訊ねてみた。

いや今日がよかか、それとも日ばあらためたがよかかて思うて…。

なんか、そら!
そやんとはこっちから言うもんじゃなかっぞ!!
世話んなったほうからん案内もなかとに、そがんとの言わるっか!!!!
ちょっと強ぉそぎゃん言い返した。

そぎゃんですか...としんみりしてやがる。
勘のいい方々なら察しがついとんなはることでっしょ!?
こらぁあんワカゾーです( ̄^ ̄)

言うて聞かするとなんて超メンドくさかけど、今日は当事者だからしょんなか。
さらに強めに言葉ば足した。

そがんとはな...
お世話になりました、今日どがんですか?て案内ばそっちからせなんと。
都合が悪かならそがん言うし、じゃなかったらすんなり行けるどぉもん。
そん簡単なことば切り出さんまんま散々になったら、小まかこつばってん恩着せらるっかもしれんし、次から頼んでも動いちゃくれんかもしれんばい。
なんかしてやったけんて見返りば催促せんとは、失われた日本人の美徳でもあっとだけん!て言うても伝わらんことまで話しよった(^^ゞ

行くってことにハナシが煮えたら、そっからがまた鈍かこっで…。
そっちが案内せなんとに、今からシャワー浴びてのすってんの言い出す始末。
本気で誘うつもりなら、今までん間に済ませとくとがスマートっちゅうもんぞ!
んなら落ち合う店ば決めて、シャワー浴びてから家ば出る時電話しますて言うて帰っていった。
そっからがまたヒマんいるこつむかっ(怒り)
世話んなったて思いのあるなら、まぁちっと行動も変わりはせんかい?
待たされとる間、あんまっ腹んへったけん、差し入れに貰ぉた唐揚げば相方と食いよった。
小一時間ばかりしてからよぉよし電話ん鳴る。
相方もいっしょに行くことになっとっとばってん、迎えに来てくれて言いよる。
落ち合う店はズーッと手前にあっとに…。
なんば考えとっとか爆弾

半ば呆れて、もう行くのもよそぉか...て気にもなる。
ばってんあっだけ言うた手前もある。
渋々迎えに行った。
引き返してきて飲みかかる。
まぁこのあたりはよか...
飲み食いしながらん小言は言うも聞くも好かん。
座持ちんよかアタシゃ話題ん切れることんなく盛り上げる。
えらいよか気分でおったとに、こんワカゾー、電話ばかりして自分だけ次ん段取りばつけよる。
まぁよかたい、そっから先は面々たい...て思いながら、たまにゃ相方とでん行くかなと水ば向くると、今までん盛り上がりはウソごつ冷めとる。
街まで遠かの、行きたかお店んなかの言いよる。
しまいにゃ先刻食った唐揚げがどうのて言いだした。
これまた、なんかそら!
ホストんワカゾーが来んなら払い方おらんよぉになるけんだろか?
賑わわせたアタシん口上ば返せ(笑)

こっちも顔に縦縞んザーッてきたけん、もう知ったこっちゃなか!
ごちそうさまでしたて言うて立つと、こんワカゾー、さも奢ってやりました的立ち位置でニコッてしよる。
またまた怒りん込み上げてきた。
お粗末さまでしたては店ん手前言いにっかけど、それらしかこつば返すとが筋じゃあなかつか!?
だいたいならへりくだってこっちから礼言うこともなかっぞ!

常識ていうてひとくくりにすっとは好かんけど、そんくらいやり取りは知っとけ、ワカゾー!
勢いんついたなら、屁のつっぱりにもならん言い訳ばかり用意せんで行かんか、ジジイ!
もうどやつもこやつも(`へ´)
posted by いのもと◉かんや at 11:02| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片鱗

世の中にはバカがいる。
いるとわかっちゃいても、実際に見ると驚かされ、そして呆れさせられる。

お昼までの仕事をこなして、いつも通りにさっさと水浴びをやった。
この暑さに食も進まないから、そうめんでも湯がこうかしているとレッカーの依頼が飛び込んだ。
正しくは、レッカーの依頼で出ていった整備工さんから「事故ったクルマが座りこんじまって動かないから手伝いに来てくれ」だった。
水浴びしたばかりだから行きたくなかったけど、こっちのお願いに乗ってもらった過去がある。
しょうがないから行ってきた。

場所は池上町の交差点。
西回りバイパスと交わるところで、角にはJAのスタンドがある。
前周りがイッてるというからにはけっこうな事故なんだろう。
起きた状況を電話で確認しながらだったけど、今イチ要領をつかめない。
さしかかると、遠目からでも事故処理の警察官の姿が見える。
池上小学校方面(西)から交差点を過ぎたところにワンボックスのワゴンが左に寄せてある。
前はボッコリでエアバックは運転席、助手席とも開いていた。
事故の大きさがよくわかる。
こちらにはもうレッカーが来ていて作業を初めていた。

アタシらが依頼を受けたクルマは大型セダンで、そのちょっと先で市街(東)を向いてセンターライン上に立ち往生していた。
レッカー車はその前に停まっていて、このセダンの損害もひどく左側の前輪がもげていた。
エンジンはかかるが、前にも後ろにも動かない。
当然ハンドルも効かない。
これじゃウインチで引き上げるのも無理だ......普通なら( ̄ー ̄)


ええ...引き上げましたけど、ナニカ?


しかし...ありえないだろ!?
どうやったらそんな結果が出せるんだ?
帰り道、いろんなケースを考えながら運転していた。
あとで聞いてみれば、片側一車線でワゴン車が前、セダンがそのやや後方を走っていたとな...
それがどうやったら?

以下はワゴン車を運転していた男性が、現場検証で当局に話していたものに基づいている。
西から東へ走っていたワゴン車は、本来交差点をパチンコ店へ行くため田崎方面(南)へ右折したかったそうだ。
しかしうっかり通り過ぎてしまい、スグに引き返そうと交差点を過ぎた左側にある空き地に入り、スピードを緩めることなく旋回して、その勢いのまま車道に出たとのこと。
後方から走ってきていたセダンに一瞥をくれることもなく、その前方左側面に衝突と相なった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もう呆れるしかない。
これをバカと言わずしてなんと言おうむかっ(怒り)
そんな急いでどうなるもんでもあるまいに…。
たかが小さい賭け事に、なんとさもしいことか...

でも、後々考えれば納得してしまう...
ワゴン車を運転していた男はどこかで見たようでもあるのだ。
事故現場をなんとなく眺めながら後にしていてハタと思いついた。
以前愛機がトラブって緊急避難した際、怒鳴りつけてきたあのオヤジだった。
印象に残るような顔ではなかったが、そのクルマには屋号がバッチリ記されていた(笑)
あの時、バカの片鱗は見えていたのだ。

ワハハハ(笑)
笑っちゃいけない...
命に別状ないとはいえ、セダンを運転していた女性はたいそうなショックを受けている。
しかし...ねェ(  ̄▽)ゞオホホホホ

ああだからこの如く...とは結びつけすぎか!?

皆さん、運転にはいろんなものが反映されるようだ。
気をつけられよ!
posted by いのもと◉かんや at 02:18| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

少なッ

朝から健軍の運輸支局へ向かう。
早い時間にこっちに来るのは久しぶりだ。
東バイパスを東上するわけだが、クルマの流れが明らかに違うのには驚いた。
もう進む進むダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

燃料価格の高騰は、世間の類に漏れず、非常に深刻な打撃をアタシに与えている...
水でなんとか走らんもんだろか(笑)
全量とはいわないから、せめて6:4ぐらいで(^^ゞ

しかしこうも影響がでるとは思わなかった...
都心ではクルマの量がめっきり減ったとニュースは告げていたが、地方都市の熊本じゃ自動車のない生活なんて成り立たない。
そう思ってたし、今でもそれは変わらない。
なのにこの減りようときたら…。
学校が夏休みに入ったのが関係してるとか(笑)

本当に少ないのかが気になって、遠回りしてわざわざ電車通りを走ってみた。
片側三車線とはいえ、これまでなら遅々としたものだったのにストレスなく流れていく。
混雑の予想された白山、九品寺、水道町、市役所前の交差点のどれもが二回待たされることはなかった。
信号待ちしてる車列も目に見えて少ないからすんなり動ける。
さすがに通町付近ではバスの集散が激しいから気を遣ったけど、一般車だけを考えれば歴然としたものだ。
こりゃ絶対控えてるんだ、みんな(^^;

200円代に突入するのは時間の問題だろう。
なんとか燃費を良くすることはできないものだろうか!?
窓から手を出して漕ぐか(笑)
ゼンマイ仕掛けに改造するか、いっそ…。
まぁ現実的なところで車重を軽くするしかないな...
不要な物は載せない。
ガソリンも満タンは避けて半分だけ入れる。
天井をブッタ切ってフルオープンもありかも…。
アタシは体重が50.8kgになったからいいけどるんるん
posted by いのもと◉かんや at 13:01| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

寝て...た

( ̄□ ̄;)!!

ヤバい...
眠ってしまってた(笑)

サポートセンターに預けていたPCは、金曜日の夕方には届いていた。
バタバタしてたんで電源も入れないままほっぽっていた。
今日思い立ち、バックアップ用の外付けHDDと前のハードディスクからレスキューするための配線キットを買いに出た。
ついでに、機動力をアゲアゲにするためにモバイル環境を一新したく、カタログ入手と実機に触れるのを目的にDEODEOに寄った。
あくまで情報収集が目的で、買うのはここではない(^^ゞ
専門店に比べたら割高だし、リカバリーキットなんてマニアックなのは取り扱ってもない。

ひと通り眺めて回ってると店員さんがニコニコして近づいてくる。
あからさまに無視するのもなんなんで、識りたいことを訊ねるとこれが全員ダメバッド(下向き矢印)
モバイルPCに入ってるHDDは2.5inchですか?、それとも1.8inchですか?と問うと、メーカーに問い合わせた挙げ句折り返し待ちだと言う。
その間にデジカメを見ながら、これって充電はドック式ですか?と問うと、カメラをひっくり返したり覗き込んだり、それからカタログを熟読する始末...
オマエら、それでもプロかちっ(怒った顔)
そんな基本的な質問にサラリと即答できないでどーする!
デモできないようで売り子が勤まるか!!
人だらけの店内にただでさえゲンナリしてるうえ、殺人的な冷房下の中こうやってる者の身にもなれ、バカ野郎!
あ...買わないクセになに言ってんだか、アタシ(笑)

そそくさと後にして、お目当ての店パソコン工房へ…。
ソッコー予定の買い物を済ませて帰途に就く。
このあとは決めていた。
ホスピスでお茶を飲む!!とわーい(嬉しい顔)
そこでは懐かしの邦楽についてしばらく話して、日暮れ前には辞した。
PCを立ち上げねば…。

ねば…。


ね...ば…。



ね......



寝てた(笑)


ariさんとこのサボテンが咲いた.jpg

画像は、ariさんにもらっていただいたサボテンに咲いた花。
咲いたと送っていただいた。
アタシんとこのもキレイだったけど、あちらはダブルで…。
なにかいいことの予兆かも…。
posted by いのもと◉かんや at 23:26| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

螢川

蛍川・泥の河.jpg泥の河をわざわざ分けて感想を書いたのは、当時はそれだけで刊行されたものだし、なによりひとつの世界を成していると思ったからだ。

もう一編の標題作螢川は意図して間を空けてから読んだ。
これともう一編道頓堀川をして川・三部作といわれているが、果たして著者宮本輝もそうだったのか?
結果そうひと括りになっただけではないのだろうか?
なんの根拠もないまま、ただそんな気がしてならなかった。
連作でもないものを続けて読んだら、相関しないものまでも結びつけてしまいかねない。
前作で読み取れなかった著者の想い。
著者の伝えんとすることを浅はかな推量で濁らせてはならない。
でも最悪なんにもわからないという二の轍だけは避けなければ…。
活字にこれほど真摯に臨んだのは久しぶりだ(笑)

解説によると、今作で1978年に第78回芥川賞受賞とある。
興味深かったのは、こちらの構想が前で、幾度も書き改めていたことから実質的な処女作と言っている点だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よかった、分けて読んで…。

まぁ...どっちにしろわからなかったんだけど(^^ゞ
マジでわからないあせあせ(飛び散る汗)
なにをうったえているんだろう?
わからない自分を納得させる唯一のものは、解説でこれを芸術作品と賞賛していることだ。

ふむふむ...
芸術ならアタシにわかりっこないな(T_T)
自他共に認める俗物には上品すぎたのだな...


な〜んて無理矢理決着させたけど感じたものはある。
作者が含ませたものとはかけ離れているかもしれない。
恥の上塗りになるから書かなきゃいいものを、アタシったら(^^;

厚顔にまかせて書くが、それは「おそれ」だった。
恐れと怖れ...
そして畏れ...
大人になることへの「おそれ」
老いへの、その先に待つ死への「おそれ」
異性への「おそれ」
幸せになることへの「おそれ」
未来への「おそれ」
生きることへの「おそれ」
その「おそれ」が踏み出すことも、踏み止まることも躊躇わせる...
そんな「おそれ」を描くことで、心の奥底で奮い立つ意志に気づいてほしかったのかもしれない...


抗うでもなく、流されるでもなく、ただ生きる。

アタシが勝手に導きだした答えは至極まっとうなものだった。
posted by いのもと◉かんや at 02:56| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

第十七回配布...

第十七回配布.jpgまたまたホスピスへ…。
今日は金の成る木です。
ここに写ってるのはすべて持っていきます。
花壇で殖やしてたのもこれで一段落してくれます。

前回も移植させていただいたんですが、まだスペースがあったんでお願いしました。
ついでに堆肥も持っていき播いてきました。
冷たいお茶もいただきました。
ごちそうさまでした。
posted by いのもと◉かんや at 17:26| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 萌えれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

anego

anego.jpg本朝金瓶梅に気をよくしたのが間違いだった。
おそらくあれだけが出藍で、地金は続編に見て取れていたというのに…。
やはり林真理子は林真理子だった。

anegoは2005年に日本テレビ系列で放映され、篠原涼子の代表作といわれているanego 〜アネゴ〜の原作だそうだ。
演じたのは見なかったからわからないが、原作中では一流商社に勤めるキャピキャピ以上お局未満のOLが主人公。
この時点でイヤな予感はしていた...
荒技を使いながら、妙な倫理観は譲らない。
あぁ誰だって持ってるさ、そんなのは…。
ただそれは自分を律するためにだけ適用してくれ!
その場面で錦の御旗にするのなら、ストーリーの中で主人公然とするためにふるまってるようにしか見えないゾ。
酸いも甘いも噛み分けて生きてきて、気づかぬうちに清濁合わせ飲んでるくせに、なにを今さら( ̄^ ̄)
ふてくされてひねくれて…。
そしてそれを全部33歳という歳のせいにして…。
大嫌いだ!

しかし、ものの見方には頷ける部分もあった。
考えてみれば、こんな生き方をした時期はアタシにもあった。
バカだった(笑)
もちろん今のアタシは違ってるから、主人公奈央子もあと五年経てば変わるのかもしれない。
通る道が似通ってるなら見える景色も似たようなもので、それが習い性として宿すのかもしれない...

誰かに教えられたわけでもない。
特にこれといったポリシーを持っているわけでもない。
ただ奈央子は、秘密よと言って打ち明けてくれたことを、ごく習慣的に人に言ったりしない。


これが同じだからといって病んでることではないな(^^ゞ
当たり前だと思うが、世間じゃ稀ってことも知っている。
希少種のアタシは類に漏れず、別に秘密だと念を押されなくったって聞いたことは話さない。
功罪を披露する際に引用はあるかもしれないが、基本的にはなんであれその人の口から語られるべきものだと思っている。
反面アタシ、言葉にしない振る舞いなんかは事細かに観察して吹聴しているからもっと質が悪いのかもしれない。
気をつけられよ、皆の衆( ̄+ー ̄)キラーン

世の中の人間というのは、どうしてこれほど気軽に、人に悩みを打ち明けるのだろうか。
相談するということは、毒素を口から吐き出し、それを相手に吸い込ませることである。
それを解毒するために、相談された人間は身も心も消耗していく。
どうしてみんな、そのことがわからないのだろうか。


ワハハハ...
我が意を得たり!!といっても、これも卑下することじゃないな...
だからというわけでもないが、アタシったらまったく相談しない。
いや、即物的なことならするけれど、方向性や取捨選択となると絶対しない。
たまに話題にすることもあったりするが、それはそんなハナシをしたほうがいい距離を保てるという打算が多分にあって、アドバイスらしきものがあっても聞いてなんかいない。
答えはもう出ている...

でも聞くのはキライじゃなかったりするから、自分でもややこしい(^^;
これには、アタシが好きな人であり、相談したからといって解決まで委ねないなら…という条件がつく。
この条件下なら、温度差もないかわりに責任もないから、善方を探す作業も楽しいものなのだ(^^)
ただ、そんな心境だから深刻さを共有はできない。
よって怒りを買うこともある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もう笑うしかない。
こっちが考えてたのは井戸を掘ることであって、ノドが渇いてるのをいっしょに嘆くことじゃない。
当事者しかわからないのをわかったふりはしたくないし、その井戸を掘るにしたってアタシじゃないんだ。
共感してもらいたいんなら教会にでも行け!!ってハナシだ(笑)


まぁ途中こんなのに共鳴はしたけれど、後半の下りは嫌悪感が増すばかりだった。
そしてそして途方もなく疲れた...
他人の修羅場を見せつけられた。
そこには愛も情もなかった。
ただただ愚かな結末だった。
それを読んだアタシは悪趣味の覗き見野郎だ。
その数百倍の露悪趣味な著者を嘲る資格はない。
違いがあるとすれば、奈央子は利口に見られたいバカで、著者は確信犯のバカで、アタシはといえば見る者によってはバカであるあたりか...
posted by いのもと◉かんや at 02:52| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

水栽培

なにかを水栽培してます.jpg事務所に大昔からあった鉢植え。
品種名は...わからない。

こいつがうまいこと育たない。
ごくまたに見せるホントの姿らしきのは、ふくら〜として蓮の花を連想させるカタチ。
でもなにがいけないのか、刺々しく立ち上がってしまう。
なんでだろ?
もう気になってしょうがない!
夜も寝られなくなる(笑)
昼に寝てるからいいけど(^^ゞ

育てながら観察してみると、水の管理が肝要だとわかってきた。
乾燥が進むと形状が変化してしまうようだ。
そうとわかればハナシは早い!
水を毎日欠かさなければいいことだ。
ならいっそ水栽培でもイケるかも!?と思い至り、さっそく始めてみた。
これは3つこさえたうちのひとつ。
順調々々クリスマス

中で支えてるのは路傍の石。
これでじゅうぶんで、なんでかというと水が動くから…。
ひとつはハイドロボールでやってみたものの、猛暑で水が沸いちまって酸欠を起こしたようで(^^ゞ
それからは二日に一度は水を入れ換えるようにしてて、となるとこれくらい粗めのほうが蛇口の流水にあてるだけでよかったりする。

水栽培...
だいぶ前にハイドロカルチャーをやったのは、配ったり枯れたりで今はない(^^;
そもそもあいつらは繊細すぎた(笑)
もっと打たれ強いのをやっていけば楽しめそうだ。
posted by いのもと◉かんや at 22:53| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 萌えれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ニョロ

作りすぎた枝豆を消費すべく、せっせせっせと食べていたあの夜。
右手でつまみ、左手は読みかけの本を繰ったり、携帯電話を操作したり…。
行儀の悪さはこの際お見逃しいただきたい。
その後ちょっと冷や汗もんだったんだから(^^ゞ

携帯電話をイジってる時だった。
視線は画面を凝視したまま、枝豆を取ろうとした右手は上手につかめずさまよってしまう。
誰にだってよくあることだ。
何気なく視線をザルに移して枝豆を手にし、画面に戻ろうとした視野の端になにかが見えたたらーっ(汗)
焦げ茶色したニョロっとしたのが…。
使ってるのはこのタイプだけど、開いてる画面の後ろにそのニョロっとしたのが隠れやがったのよ...
いや、マジで( ̄□ ̄;)!!
瞬間ビビったけどたぶんあんな感じ...
千と千尋の神隠しの中で、釜爺のとこでハクが吐き出してが踏み潰した黒いヤツ...
あんなんならもしホントにいたとしてもなんとかいけそうじゃない。
見てから、こんな考えがまとまるまでおよそ0.4秒時計
スグに裏を覗き込み、それから携帯電話をひっくり返したり、手のひらをグーパーしたりして探してみたんだけど…。


幻覚だったのか(笑)
いよいよそこまでキテしまったのか...
でも絶対いたんだ!

ヤツはなにしに来たんだろう?
アタシになにかを伝えにきたのか!?
あ...わかったひらめき
大雨になるってか( ̄ー ̄)
posted by いのもと◉かんや at 21:10| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

クレーマー

PCの途中経過です。
昨日、佐川急便が引き取りにきました。
サポートとの打ち合わせでは、本体を渡すだけで梱包は業者が行うってことだったんですが、来た業者は箱だけおいて帰りました。
夕方また来ますから、これに入れといてくださいと言い残して…。
ハナシが違うやん!とは思いましたが、この程度で文句つけるのも大人気ないとちゃっちゃと詰めて封しておきました。
その後外出したんで受け渡しには立ち合っておりません。

さっきウトウトしてたら携帯電話が鳴りました。
普段なら、表示された番号を確かめて見知らぬのにはでないことにしてるんですが、寝呆けてたのかスグにでちゃいました。
如才無い物言いで、DELLのオペレーターだとスグにわかりました。
修理に取り掛かる前の手順の説明と確認の電話でした。
電源ユニットが逝ってるのは相互確認が済んでます。
DVDユニットの診断も伝えていましたが、こちらは異常なしということでした。
ただ新たな問題として、ハードディスクから異音がして交換を要するとのことでした。
これにはまいりましたバッド(下向き矢印)
そういえば最近はバックアップもおろそかにしています。
イヤな予感は当たりました...

幸いサポート期間内だったので無料で交換&再インストールはやってくれるそうです。
ですが…。
ですが交換したハードディスクはお返しできない決まりなので、中のデータは失うことことになりますと言ってきました。

ええ...それはいけません(^^ゞ
当たり前です。
額にすればけっこうなソフトが入ってますし、貯めていた音楽ファイルには入手困難なものもたくさんあります。
それはレスキューしたいと伝えました。
返事はこうです。
電源ユニットだけを交換した後、一度送り返してからお客様でレスキューをすませられて再度預かってハードディスクを換装するか...
電源ユニット交換後、新品の交換用ハードディスクをいっしょに送るので、お客様でレスキュー後、換装していただき交換したハードディスクは返送していただくか...
後者の場合なら返送までには若干の猶予をもうけますと付け加えられました。

な〜にをほざいてるんだかちっ(怒った顔)
そっちで換装後、再インストールまで済ませてから、壊れたハードディスクをいっしょに送ればいいじゃないですか!?
そしたらこっちでレスキューして送り返します。
なんでそれじゃあいけないんでしょう?

そう言うと、申し訳ございません、決まりでして…ばかり繰り返してきます。
I井という女性オペレーターです。
アッタマにきましたから蕩々と言って聞かせました。
だいたい買って三年も満たないのに主要なパーツが壊れるのはおかしいだろ!?
たしかに機械だから壊れるのはしょうがないけど、それでも三年未満というのは短いと思うだろ!?
少しでもすまないと思うなら、それくらいはフレキシブルに対応してくれてもいいだろ!?
今回は無料で交換しますと恩着せがましく言ってるけど、それだって有償のフルサポートにこっちが入っていたから可能なことだろが!!
しかも別に送って客任せでなら猶予を与えるのに、そっちでやるなら対応できないってのはなんなんだ?
ちったぁ考えろ!

沈思したのかちょっと黙ってから、上司の指示を仰ぎませんと…と言ってきました。
なら上司と代われ!なんて言いません、アタシ( ̄ー ̄)
以前ならハナシのわかるのをだせ!とか言ってましたが、同じことをまた説明するが面倒です(笑)
じゃあ相談してこい!と突き放しました。

たいして待たされることなく電話口に帰ってきて、今回は特別に…と言ってます。
また恩着せがましくこの野郎!とも思いましたが、できるんであれば声を荒げることはありません。
あとは諾々と進めます。
ユーザーIDを指定して、パーティションはどうするかについては切らないことにしました。
これまではC、Dと分けて遣ってましたけど、自分で再インストールするにしたってレジストリをイジらにゃなりませんからいっしょです。
他にワード&エクセルの認証コードを教えてくださいってでしたけど、使わないから入れなくていいと伝えました。

納期を訊ねると、今週末には届くでしょうとのことでしたから、土曜日には来ますね?と念を押すと、週末ですから月曜日か火曜日になるかもしれませんと言います。
だったら最初からそう言えばいいのに…と思うのはアタシだけじゃないはずです(`´)
まぁそこはスルーしましたけど、ちょっとだけ意地悪も言いたくなります。
抽出を終えたハードディスクはどこに送ればいいですか?と問いかけると、では記入した着払いの伝票も同梱しておきますと答えてきました。
そのくらいの送料は払ってもよかったんですが(^^ゞ

この分だと週末を待たずして帰ってくることでしょう。
ハードディスクのレスキューという面倒が増えましたが、これは致し方ないことです。
でも、そんなことやったのは大昔ですからよく憶えておりません(^^;
初級者向けのPC誌でも見て調べなきゃなりませんね。


アタシが焼いて送ったデータがうまく再生できなかった皆さま。
これが原因で焼き付けソフトの動作に不具合が出ていたのかもしれません。
ご希望があれば対処いたします。
また他にもご要望があればおっしゃってください。
花壇の手入れから子守りや店番まで、たいがいのことはやれるつもりですからわーい(嬉しい顔)
posted by いのもと◉かんや at 21:07| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

ない

ない!
小銭入れがない!!
どこに行った?

アタシが遣っているのは、札ばさみとセットになってるコレ...
ずっとお気に入りで、浮気心が起きたこともない。
恋においてもそうなのは言うまでもない( ̄ー ̄)

出かける時に財布も持たず…ってことはよくある。
なるたけ物を持ちたくないから、遣うあてもないお出かけなら携帯電話とキーだけってのはよくあることだ。
今日もそうだった。
一旦帰ってから買い出しに出ようと手にしたら、小銭入れだけがない。
たぶん車中に置いてるんだろうとさして気にもせず出かけた。
クルマから降りる時にざっと見渡したけど、ない。
ないならないでかまいはしないと、買い物を済ませ、小銭をジャラジャラいわせながら帰ってきた。
夕食も一段落して、余った小銭をしまおうと探しだした。

ない...
置きそうなところを探すけど、ない。
クルマの中もあっちこっち探すけど、ない。
また部屋に引き返し探して、それからまたクルマへ…。
やっぱり、ない。

車内をくまなく探していると、審判用のレフリー・シューズもない(笑)
あれこれ思い返してみると、ジムに行ったあの日がイチバンあやしい。
さっそく熊本市立総合体育館に電話してみると、たしかにそこにあった。
忘れ物としてしっかり管理中とのこと(^^ゞ
腰の容態が悪いから使うことはなく、取りに行くついでにジムに寄ることもないから急ぐこともない。
今月中には寄らせていただきますと話して電話を切った。

さて、小銭入れである。

マジでどこに行ったんだ( ̄□ ̄;)!!
posted by いのもと◉かんや at 20:05| 熊本 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

枝豆

枝豆080714.jpg枝豆、再びである。
ええ、色味は最悪ですが、ナニカ?

もう完璧です!
枝豆茹でるだけなら西日本で現在二位です(笑)
自信があります!!

“一芸に秀ずる者は多芸に秀ず”という言葉があります。
ひとつのことを究めた者は、他のことも成し得るということです。
つまりアタシ、いろんな料理も( ̄+ー ̄)キラーン



まぁ可能性がないってことはないってことですよ...
posted by いのもと◉かんや at 21:30| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オトコの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

ハシゴ中

午前中DEODEOに行って、それからヤマダ電機へ…。
そして今コジマへ来てる。
あとベスト電器へ寄れば完全制覇だけど(笑)

昨日傷めた腰の容体は、どうやらギックリ腰のようだ。
立っててズ〜ンとくるこの切ない痛みは何度も経験がある...
こりゃマジでしばらくは安静だな...
posted by いのもと◉かんや at 13:43| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DEODEO

DEODEO開店日.jpg今10時35分...

開店時間はたぶん10時だったはず...
それでもこれだけの行列が残ってるとは( ̄□ ̄;)!!

恐るべし、DEODEO...
posted by いのもと◉かんや at 10:39| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再発

乳菓子屋のロールケーキ.jpgリハビリは順調である。
あ...あくまで精神的な部分だけ...ね(^^;

今日は熊本マダムさんとの待ち合わせに寄らせてもらった。
渡したいモノ、預かっていただいたモノがあったから…。
待ってる間、MOONさんの聖域をちょっとだけ体験させていただいた。
いや、エチィなことじゃなくってよ( ̄ー ̄)
あくまで手慰みの範囲で…。
もっとヤらしく聞こえるな(笑)

まぁそれは想像におまかせするとして…。
これがなかなか楽しいし、集中できるから雑念からの解放もうながせる。
大根おろしなんかよりずっと建設的だから、趣味にひと揃い欲しくなったくらいだわーい(嬉しい顔)
ひょっとしたらアタシの新たな一面が開花するかもしれない...

しばらくして待ち人の登場となった。
洋菓子か和菓子か?のご提案に、わがままに洋菓子を指定させていただいた。
それがこれ、乳菓子屋のロールケーキぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
なんでも作る数が少ないから、手に入りにくいものなんだそうだ。
さっそくいただいた。
濃いぃぃゾあせあせ(飛び散る汗)
スグおかわりしたくらいだから美味いのは間違いなく美味いけど、近来稀にみる濃厚さだ(^^ゞ
これは年寄りには毒だ(笑)
よって残りはいただいて帰った...

交わされた会話は肉体改造についてがほとんどだったんで、いい刺激だとばかりに勢いづいてしまった
そして調子にのってしまったバッド(下向き矢印)
以前から傷めていた大臀筋あたりにまた痛みがきちまった。
今度は大臀筋じゃなくて腰とお尻の境目あたり...
インターバル中にピキッっときたからそこで切り上げたけど、今になっても引きつる感じがある。
せっかく二部練をやっていたのに、これじゃふりだしに戻るだ。
明日は静養にあてよう...

回復を助けるためにもカロリーを摂らねば!と、さっき食った特濃ケーキは腰に効いてくれるだろうか!?
文字通りにだけだったりして…。
posted by いのもと◉かんや at 00:02| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

夭折

届いてから二年と九ヶ月。
もう逝ってしまいました...
ちと早すぎやしませんか、しかし…。
ええ...PCのハナシです。

使ってるのはDELLのダイレクトショップ物です。
アタシ、世間の同世代よりかはパソコンには明るいほうだと思います。
さっそくトラブルバスターに変身です。
症状は、電源が入らなくなってしまってます。
フリーズして画面が青紫色になったかと思うと横文字がズラーっと出てきたそうです。
スグに再起動をかけたら、それきり電源が入らなくなったとのことでした。
使っていたのはアタシじゃなかったんで、わかるのはこれだけです。

まずPC本体からディスプレイへと出ているコネクターを抜きます。
ディスプレイの電源は入れたままです。
そうすると小さい窓に主だったカラーが表示されます。
この状態ならディスプレイに異常はありません。

次はコンセントから本体へ入っている主電源のコネクターを抜きます。
そのままメインスイッチをカチカチやって放電を促します。
しばらく放置するのがイチバンいいかもしれません。
それから主電源コネクターを差し込むと、正常なら冷却ファンが回ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・回りません...
わかりました。
どうやら電源ユニットがイカれたようです。
寿命というにはあまりに早すぎますが、ハードディスクじゃないんならよしとしましょう。

買う時に三年フルサポートに入ってましたから、使わない手はないと電話しました。
同じような指示があり、それはやったと応えると思った通りの故障を告げられました。
回答がエラく早かったのは、同じような症状の問い合わせがけっこうあるのでしょう。
そこからの引き取りの手配も慣れたもののようです。
契約期間中ですから無償での修理と言われました。
火曜日に佐川急便が引き取りに来て、梱包もやってくれるそうです。
換装して、一週間から十日後帰宅とのことでした。

あ...ついでです。
DVDドライブの調子が今イチなんで、これも交換できないか明日にでも交渉してみましょう。

これでしばらくはパソコンのない生活です...
ないならないでなんとかなるんです、たぶんあせあせ(飛び散る汗)
posted by いのもと◉かんや at 00:34| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

二部連

昨日は走るのも歩くのもブログも休んでしまった。
でもカラダを動かさなきゃ罪悪感みたいなのを感じてしまい、ならばせめてと一度挫折したコアリズムに挑んでみたのだ。
あれからトレーニングも充実しているし、カラダもかなり軽快になってきてる。
マルチ・フレキシブル・グラインダーと言われるくらいの腰の回旋は可能と思っていた。

ワハハハ...
ムリバッド(下向き矢印)
全然動かん...
プログラムの中に“ホームベース”と呼ばれる基本の動きがあるんだけど、これができない。
基本ができないんじゃそこから先が広がらないし、なにより楽しくない。
みんな...ホントにこんなのができてるのか?

向いてないとわかったアタシはやぱっりせっせと歩くことにした。
この暑い中長袖のウィンドブレーカーにスウェットパンツでやればどれくらいキツいんだろうか?
どうせやるんならと、そんなわかりやくて素朴な疑問に挑んでみた。
やってみたら考えていたのとまったく違う。
てっきり汗ビショビショになって、意識も朦朧として…って想像してたけど、いやいやこれならたいして苦にならない。

よし!
今日から二部連をする!
ここに宣言する。
朝か昼に一回、夕方に一回の計二回。
続けるだけ続けてみよう。
posted by いのもと◉かんや at 13:39| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ環境正常化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

泥の河

蛍川・泥の河.jpg螢川・泥の河は一冊の本である。
中には標題のふたつの作品が収められている。
薄い文庫本だから二時間もあれば読んでしまうところだ。
それをわざわざ分けて読み、こうやって感想を書いている...

宮本輝を世に知らしめたのがこの泥の河だそうだ。
第13回太宰治賞受賞作で、1977年のことだからアタシはまだ生まれてもいない...
ウソだけど…。

ここにはアタシの知らない昭和があった。
いや、そんな暮らし、そんな人間がいたことは知識としては知っていたが、その空気や息遣いはわかっていなかった。
もしこれを多感な頃に手にしていたなら、知りたくもなかったしわかろうともしなかっただろう...
自分とは相容れないどこか遠い世界のおハナシと、物静かな読み物として記憶にすら残らなかったはずだ。

アタシもイイ歳になった...
でもイイ歳の重ね方をしたかというとそうでもないかもしれない。
見なくてもいいもの、知らなくてもいいものをたくさん見て知ってきたから…。

何が幸せか?という問いに、万人を頷かせる答えはないと思う。
ある者は金満であり、ある者は平和であり、ある者は探究であり…。
その中のひとつに無知もあげられはしないだろうか!?
知らなければ欲することもなく、比べることもなく、思い悩むこともない。
そんなもん...と思って生きていくことは、言うほど悪いことじゃない。

でも...人は知ってしまう。
知り、求めてしまう。
それが文明を切り拓いた原動力なのだからそれはよしとしよう。
ならばそこに対峙するかのように存在するものはどうか?
世界のすべてを顕す二元の一翼、物質精神の後者...
そこに隠されているものを知ってしまうのは幸せなのだろうか?


エラく哲学的なことを書いている(笑)
作者がこの物語の根底に忍ばせたのはこんなことじゃないと思う(^^ゞ
アタシの妄想癖が拡大解釈しすぎてるだけだ。

でも...考えずにはいられない。
それがなにかは理解できずとも、そこに確かにあると知ってしまったら…。
それでもわからないことにして通すのか?
見なかったことにして、思いのままにふるまうのか?
大勢の答えが聞こえてきそうだ。
だって、そうしたほうが楽だから…。

どっちを選ぼうが各々の自由だし、アタシだってどっちに転ぶかわからない...
その時あるのは多くの不便と、自立と自律に目覚める自分だ。
そんな自分を認めようとしないのも...やはりそれぞれの自由なのだ。
posted by いのもと◉かんや at 00:55| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

インシテミル

インシテミル.jpg背表紙の標題がエラく気になった。
なんなんだかわからないが、想像をかき立てるその響き。
インシテミル米澤穂信著)は「〜してみる」みたいに思えてしょうがない(^^;
ならばアタマにくる字はなんだ?
「飲」だとなんかありふれてそうだし、「姻」だと求婚ともとれる。
願わくば「淫」なのだが、そんなふうに誘われたらオープンすぎて卑猥さも半減だ(笑)

まぁそんなことはどうでもいい。
物語は法外な時給に惹かれた12人が一ヶ所に集められてから始まる。
そこはクローズドサークル。
数多のミステリーが証明している。
殺しが起きないわけがない。
誰か死ななきゃ許しません!!てなシチュエーションてんこ盛りグッド(上向き矢印)
そうやって起きた事件に意味を求めるのがどだい無理!
なんなんだ、いったい(^^ゞ

途中少しは盛り上がりもみせたけど、終わりはぐだぐだ...
せめて登場人物の背景でもあれば、また違った切り口を用意できただろうに…。
殺意はただ金のためだけに増幅されていった。
そしてその金はなんに必要なのかは触れてもなかった。
ならば人を殺すことに必然性を見いだすことなどできないだろう。


読み終えるにはけっこうな時間を要した。
なのにこの程度の感想しか書けないとは…。
次への期待は高まるばかりだ。
posted by いのもと◉かんや at 00:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

夏の夕べ

枝豆080707.jpg根には土がついたままの枝豆をいただいた。
ちぎりとってさっそくを茹でた。
茹で方はココを参考にして…。

もう美味すぎグッド(上向き矢印)
いつプロを名乗ってもおかしくない(笑)

これに当選品の缶チューハイと“冷奴”、シメに“冷やしそうめん”で夏の夕べを堪能した。
こんなささやかな幸せが、イチバン大切なひと時とやっとわかるようになった(^^ゞ



しかし…。
こんだけデキる男になってしまうと、じゅうぶんひとりで生きていけるな(T_T)
posted by いのもと◉かんや at 19:12| 熊本 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | オトコの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする